こんにちは!
冷蔵庫には毎日、家族人数分の納豆が常備されてるPino家です^^
毎日食べても飽きないわ~♪

さてさて、今回のお題は「ニューロティック」です。
ニューロティック…なにやらSFチックな香りがいたしますが~?

さて、今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意味を見てゆきましょう~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

ニューロティックとは?

 

ニューロティック (英語:neurotic )
[形動]神経症的であるさま。「ニューロティックな映像美の映画」

英語のneurotic(ニューロティック)「神経症にかかった、極度に神経質な、(…に)神経過敏な」の意味です。
 

Pino
なによー全然、SF用語でもなんでもないじゃんー!「ニューロマンサー」とかの類かと思ったよ;

シャルル
Pinoが勝手に思い込んでいただけだ。医学用語のひとつだ。

Pino
そんなものが、何で一般カタカナ語で使われるようになったの?

シャルル
それは次項で解説する。

ニューロティックの使い方と使用例

例) あの映画の受賞理由はニューロティックな映像美が評価された。

ニューロティックは主に芸術の分野で使われることが多い言葉です。
形容詞的に「極度に神経質な」「神経過敏な」作品、というように用いられます。

この例文も「神経過敏な映像美」のことです。

「狂気をはらんだ」「異常心理的な」と意訳される場合がありますが、個人的にはこちらの方がしっくりきますね^^

ニューロティック・シネマ

「異常心理映画」とも訳され、現代では「サイコ映画」「サイコサスペンス」など呼ばれるジャンルです。

第二次世界大戦後、フロイトの精神分析が流行したアメリカで、「人間の異常心理」を題材とした映画が作られ、大流行しました。

▶主なニューロティック・シネマ作品

白い恐怖 (アルフレッド・ヒッチコック監督)
サイコ( 同 上 ) 
マーニー( 同 上 ) 
失われた週末(ビリーワイルダー監督)
羊たちの沈黙(ジョナサン・デミ監督)

異常心理が引き起こす、破滅的な終末に向かうストーリーは「フィルム・ノワール(暗黒映画)」と重なるところがありますね。

※フィルム・ノワールをもっと詳しく!【noir(ノワール)の意味とは?フィルム・ノワールやピノ・ノワールの解説も】

ニューロティックとノイローゼとの違い

「神経症的な」「神経過敏な」の意味というと・・・「ノイローゼ」というワードが思い浮かびますが、「ニューロティック」と違うのでしょうか?

ノイローゼ(ドイツ語より: neurose)

心理的な原因によって起こる心身の機能障害。精神疾患にみられる人格の障害がなく、自分は病気だという意識がある。不安神経症(不安障害)・心臓神経症・強迫神経症(強迫性障害)・心気症・ヒステリーなど。<神経症>

ノイローゼ「人格障害のない機能障害」であり、ニューロティック「神経症的な」「神経過敏な」等、芸術作品などを形容する言葉です。
 

Pino
なるほどね~いわゆる「狂気」を感じさせる作品を表現する言葉なんだね。

シャルル
ヒッチコック監督が撮った作品で一気に有名になった言葉だな。現代では「サイコ映画」「サイコサスペンス」という呼び方が主流かもしれん。

まとめ

ニューロティックの意味は?

神経症的であるさま。

ニューロティックの使い方や使用例

ニューロティックな映像美「極度に神経質な」「神経過敏な」「狂気をはらんだ」映像美
ニューロティック・シネマ「異常心理映画」

ニューロティックとノイローゼの違い

ノイローゼは「人格の障害のない機能障害」であり、ニューロティックは「神経症的な」「神経過敏な」等、芸術作品などを形容する言葉です。

 
 

いかがでしたでしょうか?
「ニューロティック」、近未来的な響きがあったのですが・・・なんと!戦後に流行した言葉でした;

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す