こんにちは!
最近、「キムチおじや」にハマっているPinoです^^
毎日ランチはこれだったり・・・笑

さてさて、今回のお題は「ノワール」です。
よく聞くワードですね~〇〇ノワールとか?

さて、今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意味を見てゆきましょう~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

ノワールとは?

 

ノワール (フランス語:noir )
《「ノアール」とも》
1 黒。暗黒。
2 多く複合語の形で用い、暗黒の、正体不明の、不正の、などの意を表す。「ノアールフィルム」

noir(ノワール/ノアール)フランス語の「黒」「漆黒」「暗黒」「闇」という意味です。

また、色をあらわす意味の他に、この「黒」というイメージから派生して

「黒」からイメージされるもの「闇」「裏」「悪」をあらわすようになり、闇社会や犯罪、差別、暴力などの題材を扱う作品のことを意味するようにもなりました。
 

Pino
「ノワール」って黒の意味だったの?すっかり~チョコの名前かと・・・笑

シャルル
Pinoの知識の大半は食べ物や酒からきているようだな;

Pino
そりゃあー自分の好きなものだと、覚えやすいしね♪

シャルル
ちなみに・・・私の名前はフランス語でRouge Charlesだ。

Pino
いや・・・聞いてないし;

ノワールはどんなところで使わている?

美食の国フランス出身なだけあり、多くの食品や料理、酒に「ノワール」は使われています。

ショコラ・ノワール

ショコラ(チョコ)+ノワール(黒)ブラックチョコレートのことです。

ミルクを入れずに作られるビターチョコです。

ちなみに、ミルクチョコレートのことは「ショコラ・オレ(ミルク)」、ホワイトチョコレートのことは「ショコラ・ブラン(白)」と呼ばれます。

カフェ・ノワール

カフェ(コーヒー)+ノワール(黒)ブラックコーヒーのことです。

イタリアのエスプレッソに近い濃いブラックコーヒーが小さなデミタスカップで出てきます。

ピノ・ノワール

ピノ(松)+ノワール(黒)フランス、ブルゴーニュ地方原産の赤ワイン。

ブドウの房が「松ぼっくり」のように実ることが、この名前の由来と言われています。

フランス、ブルゴーニュ地方原産の赤ワイン用ブドウは果皮が薄く、よって抽出される色も他の赤ワインと比べて薄く、淡い赤色です。
爽やかなベリーやフルーツ系の香りが好まれ、飲みやすいワインのひとつです。

Pino
Pinoの名前はこの「ピノ・ノワール」からとってます~♪
ピノが「松」って意味なのは全然知らなかったけど!笑

ルノワール

日本において「ルノワール」と聞くと、昔から親しまれている老舗純喫茶室を思い浮かべる方が多いかもしれませんね!

その店名の由来となっているフランス印象派の画家「ピエール₌オーギュスト・ルノワール」の名前にも「ノワール」は使われています。

ル(Re)+ノワール(noir:黒)という表記でフランス語圏の姓です。

姓名に色を使うことは、世界のどこの国でもあるのですね~とても興味深いです♪

フィルム・ノワール(ノアールフィルムとも)

前述しましたが、ノワールの「黒」というイメージから派生して、

ノワール「闇」「裏」「悪」をあらわすようになり、闇社会や犯罪、差別、暴力などの題材を扱う作品のことを意味するようにもなりました。

1946年にフランスの映画批評家・脚本家であるニーノ・フランクが、アメリカで製作された犯罪映画「マルタの鷹」「飾窓の女」等を「フィルム・ノワール(暗黒映画)」と呼んだのが始まりとされています。

このように、フィルム・ノワールと同じく、主に犯罪者を主人公に据えた小説も「ロマン・ノワール(暗黒小説)」と呼ばれ、「ノワール」は虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ作品の総称として使われます。

例文)この映画はてっきりノワールかと思ったけれど、ハッピーエンドでホッとした。

ノワールの他の色は?

ご参考までにフランス語の色についても、日本でも耳にする色をご案内しますね^^

英語と似通っている表記も多くあります。

● 白 ・・・ Blanc (ブラン)
● 赤 ・・・ Rouge (ルージュ)
● 灰 ・・・ Gris (グリス)
● 茶 ・・・ Marron (マロン)
● 青 ・・・ Blue (ブル)

ピノ・ノワール種の変異から出来たと言われるピノ・グリスという白ワイン用のブドウにも灰(グリス)が使われています。これはピノ・グリスの果皮が青灰色であることが由来のようです。
 

Pino
さすが!美食・ワインの国のフランス出身だけあって~美味しいものにたくさん「ノアール」をはじめ、フランス語が使わているね!

シャルル
Pinoを見ていると・・・「食いしん坊」から勉強を始めるのも悪くないと思えてきたぞ。

Pino
でしょ?それにしても~ノアールが「暗黒」「闇」なんていう犯罪作品を意味するのは知らなかったわー

シャルル
映画評論の世界ではデフォルトだ。映画批評を読む時に参考にしてくれたまえ。

まとめ

ノワールの意味は?

《「ノワール」とも》
1 黒。暗黒。
2 多く複合語の形で用い、暗黒の、正体不明の、不正の、などの意を表す。「ノアールフィルム」

ノワールはどんなところで使わている?

●ショコラ・ノワールブラックチョコレートのこと。
●カフェ・ノワールブラックコーヒーのこと。
●ピノ・ノワールフランス・ブルゴーニュ原産の赤ワイン
●ルノワールル(Re)+ノワール(noir:黒) という表記でフランス語圏の姓
●フィルム・ルノワール虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ主に犯罪を題材とした映像作品

ノワール意外のフランス語の色は?


● 白 ・・・ Blanc (ブラン)
● 赤 ・・・ Rouge (ルージュ)
● 灰 ・・・ Gris (グリス)
● 茶 ・・・ Marron (マロン)
● 青 ・・・ Blue (ブル)

 
 

いかがでしたでしょうか?
ノワール、なんとなく~「高級」なイメージでしたが・・・「黒」「悪」も連想させるのですね~
そういへば、日本でも「黒=有罪」の意味もありましたね;

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す