こんにちは~Pino(@Pinocan)です!

さて、今回のお題は「エディション」です。
このワード、様々な商品についてますよね~
早速、意味や使い方などをチェックしてゆきましょう!

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

エディションの意味は?

 

エディション (edition:英語)
① 出版。刊行。
② (出版物の)版。 「ファースト--(=初版)」

このエディションは、英語のeditionから来ている言葉で「(本・雑誌・新聞などの)版、(普及版・豪華版などの本の体裁による)版」という意味です。

日本での使われ方も同様ですが、パソコン周辺製品のソフトウェアなどで使われるエディションからファッション、スニーカー、化粧品などの新製品に付けられるエディションも、を意味します。
 

Pino
〇〇エディション」って名前、よく聞くんだけど・・・いつも「何の種類?」って思ってたわ。

シャルル
「種類」ではなく「オリジナルの”版”に何らかの手を加えた改良版のような意味だな。

Pino
なるほどね~でも何でもかんでも「エディション」って付けすぎじゃないかなー笑

シャルル
消費者が「〇〇版」というより「〇〇エディション」というコピー広告に惹かれる、ということだ。

エディションの使い方と使用例

例)来月、画集のサードエディションが出版されます。

出版の分野におけるエディション「版」と訳され、この例文では「第3版」を意味します。

日本語でも間違われやすいのが「重版(じゅうはん)」と「増刷(ぞうさつ)」です。

例えば、本の奥付(おくづけ⇒巻末にある書名、著者名、発行日、版数、刷数など記載のある頁)にある、

「第3版 第2刷発行」という記載は

▶初版が発行されてから版が3回変更され第3版(3度重版)

▶その第3版を使って2回目に印刷された本第2刷(2度増刷)

された本である、ということです。
 

英語の「版」は今回のエディション(edition)「刷」インプレッション(impression)となります。

「第3版 第2刷発行」は「the second impression of the third edition」と表記されます。

Pino
余談だけど・・・「重版出来」は正確には「じゅうはんしゅったい」と読むんだって!
意味はそのまま~「重版が出来上がりました!」ってこと。

シャルル
とは言っても・・・今では業界でも「言いやすいから」という理由で「じゅうはんでき」と呼んでいる矛盾なのだが…笑

例)Windows officeには「ホーム&ビジネス」と「パーソナル」の2種類のエディションがあります。

パソコン周辺製品・ソフトウェアで使われているエディションも「版」の意味です。

同じ製品において、機能や価格が異なる際に付けられる言葉で、例文のように「パーソナル」などの形容詞と組み合わさって「パーソナルエディション」という型版で表記されることが多くあります。

以前のウィンドウズ・ミー(Windows Me)というOSがありましたが、そのMeは「Millennium edition」の略でMillennium=千年期⇒「2000年版」の意味です。

例)人気ゲームのリミテッドエディションが発売される予定です。

出版やパソコン周辺ソフトのみならず、ゲームや映像作品、ファッション、スニーカー、化粧品や食器、車まで幅広い分野で使われているエディションです。

この例文のリミテッドエディションは「限定版」の意味です。

エディションの類語は?

エディションと似ている意味で使われるバージョンとはどのような違いがあるのでしょうか?

バージョン(英語:version)

①(個人的な、または特殊な立場からの)説明。解釈。脚色。翻案。…版。
② パソコン周辺のソフトウェアにおいて製品名に「1.0」などのバージョン番号を付加する場合がある。

それぞれの意味の違いを「①一般的に使われいているエディション」、「②パソコン周辺で使われているエディション」別に比べてみましょう。↓

①一般的に使われいているエディション

  • エディション
  • ⇒ 版。出版。刊行。

    「オリジナルに何らかの手を加えた改良版
    あるシリーズものの第〇版目を指すこともあり。

  • バージョン
  • ⇒(個人的な,または特殊な立場からの)説明、解釈、脚色、翻案、…版

    「オリジナルを見方や表現方法を変えて改良した版
    例)原作⇒映画版 日本語⇒フランス語版、等。

②パソコン周辺で使われているエディション

  • エディション
  • ⇒「〇〇版」として使われる。

    「同じ製品タイトルにおいて、機能や価格が異なる派生製品を提供する際に付けられる表示

    スタンダード”や”リミテッド”などのワードと組み合わさって”〇〇エディション”と付けられることが多い。

  • バージョン
  • ⇒(個人的なまたは特殊な立場からの)説明、解釈、脚色、翻案、…版
    バグの修正や機能の変更を含むオリジナルの改良版

    製品タイトルに番号「Ver.1.0」など付加されることにより、”第〇版”であることを示す。

 

Pino
ん~エディションとバージョンの区別は、ちょっとビミョーだねぇ。

シャルル
色々な分野で使われていて、それぞれの解釈で付けられているのが現状だが、「オリジナルに何らかの改良を加えられているエディション」と覚えておけばいい。

Pino
そうだね!まさに似通っている「類似語」ってことで・・・
「この意味がアタリ!」って判断は難しいかもね。

シャルル
当らなければ、どうということは無い。

Pino
いや、そこ・・・意味違うよね!?

まとめ

エディションの意味は?


① 出版。刊行。
② (出版物の)版。

エディションの使い方

  • サードエディション
  • 第3版(初版から3度、版が改良されていること)

  • パソコンのエディション
  • 版。同じ製品タイトルにおいて、機能や価格が異なる派生製品を提供する際に付けられる表示。

  • リミテッドエディション
  • 限定版。

エディションの類語は?

バージョン

①(個人的なまたは特殊な立場からの)説明。解釈。脚色。翻案。…版。
パソコン周辺のソフトウェアにおいて製品名に「1.0」などのバージョン番号を付加する場合がある

 
 

いかがでしたか?
エディション、「オリジナルに何らかの改良を加えたもの」という意味で覚えておくと良いですね~

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す