hq4-2top
ハイキュー!!TVアニメシリーズ4期『ハイキュー!! TO THE TOP

━━ファン待望のハイキュー!!TO THE TOP(シーズン4)第2クールが2020年10月2日からスタートしてます!

このハイキュー4期の第2クールは第1クールの最終回から引き続き春高大会2日目
インターハイ2位の強豪・稲荷崎高校との対戦です。

こちらでは熱い戦いが繰り広げられる第2クール目第3話(通算16話目)『失恋』ネタバレあらすじと感想をご案内します!

前回1クール目はまとめ記事内に各話のあらすじ&感想を書いていたのですが・・・毎回「実況さながら」にガッツリ書きすぎて超長文記事になってしまったため;
2クール目は各話を1記事ごとに分けてアップしてゆく予定です☆

各エピソードごとの超個人的《推しポイント》もありますので、よろしければのぞいてみてくださいね♪

━━その前回までの『ハイキュー!!TO THE TOP』第1クール(第1~13話)の見逃し配信情報と「各話あらすじ&感想」記事はコチラ↓

\とにかく無料お試しでハイキュー!!4期全話を早く観たい!/
という方はコチラから☆

↓  ↓  ↓

U-NEXTで「無料おためし」してみる

「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません

前回第15話『見つける』あらすじ

冴子たちの応援もありリズムを取り戻しつつあった烏野高校だったが、宮兄弟による“変人速攻”が決まりさらに勢いを増す稲荷崎高校。予想外の攻撃に対し烏野がとった策とは。
「ハイキュー!!」公式サイトより

もっと詳しい第15話あらすじ&感想記事はコチラ↓
ハイキュー!!4期TO THE TOP第15話(2クール第2話)ネタバレあらすじと感想をガッツリ紹介

「ハイキュー!! TO THE TOP」第16話「失恋」

第1セット終盤、山口のサービスエースも決まり勢いに乗る烏野高校はセットポイントを先取する。しかし稲荷崎はこの試合一人調子の上がらない田中を狙いはじめる。かつてない苦境に田中は…。
「ハイキュー!!」公式サイトより

アバン

幼なじみの叶歌(かのか)に呼び止められる田中
「明日…がんばろうね」

その会話を聞いていた縁下が田中の背後から囁きます。
「脈あり、ってヤツだな…」

初対面プロポーズ事件

脈があるか無いかが問題なのか?
勝てない相手には挑まないのか?

縁下の言った言葉に抗う田中

「勝てない相手って・・・清水先輩のこと?」
と顔を見合わせる2年生メンバー達

そんな彼らの呟きも耳に入らず続ける叫び続ける田中

キレイな姉さんが一緒にビーチバレーやろう
フライングでパンケーキって行ってきたら・・・
そりゃあ、お願いしますー!
もちろん美少女同級生にも応援されたい
━━でも…ちがう!それとこれとは違う気がするー!!

そんな身悶える田中に対して・・・冷静に対応する2年生達

━━知ってる。
お前がそういう奴だって事は入部初日から知ってる…

『初対面プロポーズ事件』回想シーン。

バレー部に入りたての金髪頭の1年生田中は体育館に飛び込んできた女子マネの清水の麗しさに・・・思わず「結婚してください!」と叫んでしまったのでした。

あいつ大丈夫か?一途すぎてストーカーとかにならないかな?
と心配する同期達に、あいつは人の感情を察するから清水先輩が本気で止めてって言ったらやめるし、そんで(フラれたら)旅に出る・・・
と言って笑いを誘う縁下。

バカだな、といつも思うけど・・・実は、すげえよな。
シンプルとか一途とかって
たぶん・・・すっげー難しいじゃん。

チャンスは居る

インハイ2位の強豪、稲荷崎高校に善戦している烏野
しかし、宮侑をはじめどの選手も強力なサーブを打ち込んできます。

大地さんがレシーブしたボールは高く上がり相手コート外へ・・・
チャンスは居るぞ、絶対逃がすな!

菅原が祈るように叫びます。
瞬時にネットをくぐり、稲荷崎コート外に出たボールをバックハンドで烏野コートに返す影山

ナイス!と叫びセットアップに入ろうとする西谷の眼前に飛び上がる東根の姿が
エースのスパイクはブロックアウトを誘い烏野にポイントが入ります。

━━みんなすげーノッてんな。

この日、いまひとつ決めどころを欠いている田中の様子に稲荷崎の監督も「5番狙いでいけ」と指示していました。

それを証明するように田中のスパイクは稲荷崎のブロッカー角名に止められてしまいます。

コート外で観戦していた梟谷の木兎は思わず目を覆います。
「俺だったらそろそろイラついてネットとかアウトとかいっちゃうなー!」
「・・・自覚あるのか⁉︎」
違う意味で驚く赤葦


━━狙われるのはいつものことよ!

さっ、こっいやー‼︎と気合を入れる田中を狙って打たれる宮侑の強烈サーブ。
しかし、咄嗟にリベロの西谷がカバーに入ります。

自分の不甲斐なさを払拭するように再びスパイクに挑む田中
が・・・ボールひとつぶんでアウトに。

田中のミスを我が事のように感じて大げさにおののく木兎の姿を横目に・・・見ながらも赤葦は冷静に考察します。

稲荷崎の執拗なブロック
それに伴う決めなければ、という焦り
おそらくサーブで狙われるストレスなどで…

全部ダメだ、って言う気分になるんだ
つぶやく木兎なのでした。

落ちた強豪、飛べない烏

かつてのバレーボールの強豪校だった烏野へ入った田中
けれど想像していたよりも地味な現実に悶々としていました。

とある練習試合で敗戦した帰り道
「思ったより手ごたえないよな・・・」

という相手チームの陰口を耳にした田中は黙らす!といきり立ちますが・・・主将大地に止められます。

勝てばいいよ。
━━簡単ではないけど単純だ。

慣れろよー公式戦行くといつも言われるゾ・・・
「落ちた強豪、飛べない烏(カラス)」
声をそろえておどけて言う大地、菅原、東根の3年生

けれど・・・彼らの目は笑ってはいませんでした。

その後ろ姿を見ながら、つぶやく田中
「この人ら・・・強いやつ!」

ダセェのは勝負をビビること

連続でスパイクがアウトになる田中

そんな彼の苦しい姿を見て心配そうにする同期メンバー達
けれど・・・大丈夫だ、俺たち2年の中で、いつ、どんな状況でも部に居続けたのは・・・田中だけだもんな。

悔しそうな表情から気合を入れ直す田中
「さ、こいやー!!」

━━ええ~
そろそろ…無口になったりチームメイトと目え合わせなくなったり…しろよ。

ネット向こうで驚き呆れるブロッカーの角名なのでした。


稲荷崎からのサーブをファーストタッチしたのはセッターの影山

カバーに入る月島に手を挙げてアピールした田中でしたが、月島はエースの東根にボールを上げます。
空を掴んだ右手を力なく落とす田中にその時、声をかけたのは・・・日向でした。

「田中さん、さっきの・・・向こうの10番が真ん中の切り込んできた時、ガッとブロック寄ってきたのスッゲぇ格好よかったっす!」

日向に賞賛されて、ちょっと気分を取り戻す田中の姿に鳥養監督がほくそ笑むのでした。

平凡な俺よ

そびえたつ岩山に向かって1歩ずつ階段を上がってゆく田中のイメージ

━━俺は「普通の人間」だと思う
ガキの頃は自分を天才だと思ってた。
バレー部の中で現時点で俺が一番である部分はない。

それが何かを諦める理由にはならないし、言い訳にもならない
つーか、そもそも普段そんなこと考えない
でも半年に一回くらい限りなくメンタルがマイナスになった時に思う…自分は「平凡」なのだと。

巨大な岩山の前に歩みを止め、呆然と立ち尽くす田中
けれど・・・彼は面を上げて自分に問いかけます。

ところで・・・平凡な俺よ
下を向いているヒマはあるのか…!?

「レフトおぉおおーー!!!」

コートに響き渡る田中の声にニヤリと笑うセッター影山

━━できるまでやれば、できる!

素早くついてきたブロッカー角名をものともせず、田中が打ちおろしたスパイクは鋭角にコートに突き刺さります。

「アイツほんと・・・何だろ、すげーな!」
沸き立つ烏野陣営と応援団なのでした。


そして、コート外でも
復活した田中を嬉しそうに見る叶歌の回想シーン

昔から(背が)大きいと言われるのは好きじゃなかった…

でも、龍ちゃんが本当にうらやましそうにするから
これは・・・すごいものなんだって素直に思った。
誇ってイイものなんだって・・・

龍ちゃんは昔から真っすぐだ
私…やっぱり「失恋」したかもしれない。

最後の台詞を口に出して呟く叶歌なのでした。

第16話の推しポイント

この回・・・我らが「田中回」でしたね!!

原作者:古舘先生もお気に入りの田中龍之介は・・・自分でも己の「平凡さ」を痛感しています。
(彼の鬼メンタル加減は~まったく凡人の域ではないのですが!笑)

確かに全国に来てから思うのは「バレー馬鹿達がバケモノぞろい」だという事。

だからこそ、この「平凡」である田中に私達は共感し、彼の気持ちが痛いほどわかる・・・彼と一緒に苦しんだエピソードでした。

今回の推しポイント

  • 初対面プロポーズ事件
  • 「け・・・?」とリフレインする2年生メンバーと
    「いいえ」とバッサリ切り捨てる潔子さんが最高ですw

  • 目が笑ってない3年生
  • いいよね~大地、菅原、東根3人の静かなる闘志!

  • 平凡な俺よ、下を向いているヒマはあるのか?
  • 田中の名言!これは胸に刻んでおくべき名セリフ☆

  • 田中はいつでも大体、大丈夫ですよ
  • 武田先生の心配にサラッと答える潔子さん!さすが未来の〇〇

  • 田中の一途さに「失恋」した叶歌
  • 叶歌ちゃん!本当にイイ子だわ~幸せになってほしいw

いつもながら周りの・・・今回は木兎や赤葦、そして叶歌ちゃんの視点を通してそのエピソードの中心人物の苦悩を描き上げる演出(もちろん原作も)が素晴らしいですね!これも名作回のひとつに仲間入りです☆

「ハイキュー!! TO THE TOP」スタッフ&キャスト

製作スタッフ

原作:古舘春一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
監督:佐藤雅子
副監督:石川真理子
シリーズ構成:岸本卓
キャラクターデザイン:岸田隆宏
作画総監督:小林祐
音楽:林ゆうき/橘麻美
アニメーション制作:Production I.G

キャスト

日向 翔陽:村瀬 歩
影山 飛雄:石川 界人
澤村 大地:日野 聡
菅原 孝支:入野 自由
田中 龍之介:林 勇
東峰 旭:細谷 佳正
西谷 夕:岡本 信彦
月島 蛍:内山 昂輝
山口 忠:斉藤 壮馬
縁下 力:増田 俊樹
清水 潔子:名塚 佳織
谷地 仁花:諸星 すみれ
武田 一鉄:神谷 浩史
烏養 繋心:江川 央生
星海 光来:花江夏樹
宮 侑:宮野真守
宮 治:株元英彰

まとめ

ここではハイキュー!!4期(TO THE TOP)2クール第16話『失恋』ネタバレあらすじ&感想をガッツリ紹介しています☆

いよいよ稲荷崎高校との熱戦が繰り広げられるターン

噂通りのバレー界最強ツインズ「宮兄弟」がどんな戦い方を見せるのか?
第1クール同様、毎週、目が離せませんね!!

その第1クール全13話のネタバレあらすじと感想記事はコチラ↓

↓ 『TO THE TOP』1クール全13話のあらすじ&ガッツリ感想も☆ ↓
「ハイキュー!!4期」見逃し配信動画を無料でフル視聴できるサイトはどれ?感想と各話あらすじも

そして・・・
4期スタート前の2019年末に『ファンが選ぶベストエピソード10』という企画が開催されていましたね~
入賞したTOP10の記事も書きましたので、よろしければコチラから↓
(ムダに熱く・・・そしてネタバレ有です^^)

『ハイキュー!! TO THE TOP』2クール目

コート外(モニタ向こう)から烏野高校排球部の春高(全国大会戦)を~めいっぱい!応援しましょう☆

 

↓  ↓  ↓
\「無料おためし」登録はコチラ/

U-NEXTで今すぐ「ハイキュー!!」を観る

「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません