hq4-2top
ハイキュー!!TVアニメシリーズ4期『ハイキュー!! TO THE TOP

━━ファン待望のハイキュー!!TO THE TOP(シーズン4)第2クールが2020年10月2日から始まりました!


↑原作者:古舘先生からの応援マンガが!
日向と治の夜食おにぎりも美味しそうだけど~他メンバーも「らしく」て爆笑♪

さてハイキュー4期の第2クールは第1クールの最終回から引き続き春高大会2日目
インターハイ2位の強豪・稲荷崎高校との対戦です。

こちらでは熱い戦いが繰り広げられる第2クール目第1話(通算14話目)「リズム」ネタバレあらすじと感想をご案内します!

前回1クール目はまとめ記事内に各話のあらすじ&感想を書いていたのですが・・・毎回「実況さながら」にガッツリ書きすぎて超長文記事になってしまったため;
2クール目は各話を1記事ごとに分けてアップしてゆく予定です☆

各エピソードごとの超個人的《推しポイント》もありますので、よろしければのぞいてみてくださいね♪

━━その前回までの『ハイキュー!!TO THE TOP』第1クール(第1~13話)の見逃し配信情報と「各話あらすじ&感想」記事はコチラ↓

\とにかく無料お試しでハイキュー!!4期全話を早く観たい!/
という方はコチラから☆

↓  ↓  ↓

U-NEXTで「無料おためし」してみる

「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません

「ハイキュー!! TO THE TOP」第1クールあらすじ

春の高校バレー宮城県予選、激闘を制し悲願の全国大会出場を決めた烏野高校排球部。

全国大会を控えた彼らのもとに、影山の全日本ユース強化合宿召集の報せが舞い込んだ。
さらに月島にも宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかる。
同じ1年生との差に焦る日向は、宮城県1年生選抜強化合宿に押しかけるも……!?

全国大会本番に向け日向、影山、そして烏野高校排球部の更なる挑戦が始まる⸺!
「ハイキュー!!」公式サイトより

第1クール最終話13話のあらすじ

hq4_13a
春高2日目、2回戦の相手はインターハイ準優勝の兵庫・稲荷崎高校です。

相手のユニフォームが同色の黒のため、セカンドユニフォームへ着替えたメンバー達
テンションの上がった日向を揶揄する烏野1年生メンバー
影山:「うるせェ、全身ミカン野郎」
月山:「キミはなんかもう・・・色がウルサイ」

そんな中、対戦相手チームの高校N0.1セッター宮侑が通りかかり、影山に話しかけます。

「俺、ヘタクソと試合すんのホンマ嫌いやねん」

と暗に日向のことを言う宮に向かって、確かにアイツはヘタクソですけど・・・と続ける影山
弱くはないので・・・大丈夫だと思います

いよいよ試合開始は、その宮侑のサーブから。

上げた左手の拳を握りしめるジェスチャー
そして繰り出される強烈なスパイクサーブに沸き立つ場内。

圧倒的パワーと場離れした応援団に押され気味な烏野でしたが…

ここでも変人コンビは通常運転?
それよりも星海のジャンプに感化された日向はいつも以上のハイジャンプを見せ・・・

「こいつ・・・今までのジャンプがMAXやなかったんか」
「俺ら相手に実験ブッ込んできよったんか」

この宮ツインズと強豪校稲荷崎に対して、日向&影山の変人コンビと烏野メンバーはどう立ち向かうのか?

ここで「ハイキュー!! TO THE TOP」第1クールは終了しました☆

「ハイキュー!! TO THE TOP」第14話「リズム」

ついに幕を開けた稲荷崎高校との春高2回戦。
最強ツインズ“宮兄弟”を中心とした攻撃、さらには稲荷崎高校の応援とコートの中と外からも圧倒されてしまう烏野高校。
そんな中、烏野応援席に現れたのは…。
「ハイキュー!!」公式サイトより

アバン

いつもの変人速攻ジャンプで思いのほか高い打点まで飛べた日向
しかし「高いジャンプ」に集中するあまり“打つ”のを忘れてしまいます…

「日向の最高到達点が急に変わるのは想定外だ…」
さすがの影山も驚きを隠せないのでした。

最強の挑戦者

一方、稲荷崎はレシーブを受けようとした角名の前にセッターの宮侑が割り込み、ファーストタッチそのままのセットアップを主砲アランが叩き込みます。

いきなりの鮮やかな攻撃にどよめく場内
型にはまらない「最強の挑戦者」稲荷崎高校

コート外で観戦している梟谷学園の木兎とセッターの赤葦が冷静に分析します。

奇襲の意味は当然ありつつ
初っ端にあれをやることによる
自分達には初戦の空気には呑まれもしないし
余裕でやるという「アピールと威圧

外からなら冷静に見れるけど
対峙したら・・・イヤだな。

稲荷崎のサーブは角名
侑とは対称的に笛と同時に繰り出すサーブ

とまどう烏野のレシーブ
けれどセッター影山が振り向きざまにリバウンドを取りにゆきます。
烏野らしい「つなぐバレー」

その様子を眺めていた武田先生は顔を上げます。

相手は最強の挑戦者
でも僕らは等しく「バレーボールへの挑戦者」だ!

完璧な1歩

一方、烏野も果敢に新しい攻め方に挑戦します。
日向がネットにつっこみ、そして急に方向を変えてのブロード攻撃

ブロックをぶっちぎる早さがありながら、ジャンプの高さは殺さない…
「かっこエエなあ~」
と感心する宮侑

しかし、そんな彼もすかさずミドルブロッカーを使って反撃してきます。
乱れたレシーブに対して「完璧な1歩目」を踏み出す宮侑

そして上げられた完璧なトスが烏野コートに叩き込まれるのでした。

一目でわかる、洗練された1歩目
あの素早く的確な1歩目が
セットアップのフォーム
他者の把握、すべてに余裕を持たせている

コート外の赤葦がセッターならではの見方で呟きます。

応援の援護射撃


稲荷崎はチームの強さだけではなく、その強豪校ならではの応援力

相手チームにプレッシャーをかける音量
ブーイングだけでなく勝手に作られるリズム

そんな強力な「援護射撃」を受けて場内はすっかり稲荷崎モードに…
 
「待たせたな」
━━その時、稲荷崎の応援にかぶさるように響く和太鼓の音

一気に体育館の注目が和太鼓と横笛に引きずられてゆきます。
歯切れ良いバチさばきを見せるそのリーダーは・・・冴子姐さん!

西宮と日向が胸をつかんで悶死しますw
カッコ良死する!!

コートの中に立つ烏野メンバーの背中を見ながら冴子姐さんはバチを握り直します。

でも、あたしたちの役目は相手の応援に勝つことじゃない
坊主共の背中を押すことも出来ないかもしれない
だって・・・やつらは勝手に進む
だから、あたしたちは
ちょっとだけ、空気を整えられればいい

和太鼓の応援を受け、徐々に調子を取り戻す烏野

相手の強烈なサーブをギリギリで上げる大地や田中のレシーブを
影山がピンポイントで日向に上げ「変人速攻」が決まってゆきます。

また目が慣れてきた月島のリードブロックも
確実にスパイクの針路を誘導し、ベストな位置に移動する日向。

が・・・レシーブが間に合わず、落ちたボールは靴にあたって跳ね上がります。

「なんやねん!!」
稲荷崎チームから入る関西人のツッコミ…笑

そんな攻守に目立つ日向に気を取られて・・・調子の狂う稲荷崎高校

インハイ2位という成績
それに加えて、あの呑まれるような応援
必要以上に相手を強大なものと思い過ぎていたかもしれない
大丈夫、ひとつずなら対処できます。

武田先生の言葉にマネージャーの清水も頷きます。

二刀流サーブ

ふたたび回ってきた宮侑の二刀流サーブ
ジャンプフローターとスパイクサーブは守備位置が1歩分変わってくるのですが・・・時速100キロのサーブでは、その1歩分が致命的な出遅れに

━━しかし
鳥養監督は彼のサーブをしっかり調べてあげていました。

宮侑はルーティーンとして毎回歩数で距離を計る
エンドラインからジャンフロの時は4歩
スパイクサーブの時は6歩

サーブ前の歩数を数えて守備位置を移動する烏野のレシーバー達

けれど…その様子に皮肉な眼差しを向ける双子の片われ宮治
「それを知っていても・・・それは単なるスタートラインにすぎんのやで

予想通りのジャンプフローターサーブでしたが、一瞬で眼前にきたボールをオーバーハンドで弾いてしまう西谷

呆然とする彼らに主将の大地が声をかけます。
「狂暴なサーブも今まで何回も切り抜けてきた。焦るとこじゃないよ」
主将の言葉にハッと我に返るメンバー

そんな様子を眺めていた宮侑は視線をそらさずに治に話しかけます。
せめるタイミングは・・・逃したらアカンよな

稲荷崎コートで上がったレシーブを見てネットへダッシュする宮治
その動きに気づいた影山が息をのみ、そして・・・宮侑がドンピシャであげた球を治が速攻で叩き込みます。

━━どよめく場内
日向&影山とまったく同じ変人速攻」をやってのける稲荷崎のツインズなのでした。

第14話感想&今回の推しポイント

待ちましたね!半年間!

あの春高真っただ中、それも第二試合の真っ最中。
こんなとこで切って・・・そのままの熱いテンションで見れるかな?
と心配しましたが・・・杞憂でした!まったく問題ナシ!

最初のOPでSUPER BEAVERが歌い上げる『突破口』のおかげで一気にハイキュー!!ワールドに入ってゆけます☆

星海のハイジャンプに感化された日向が一気に最高到達点を更新してきた前回。
トスを合わせる影山は「想定外だ」と一瞬とまどいますが…

そこは変人コンビ
バケモノ日向のジャンプにトスを持ってくるのもまた・・・バケモノのセッター影山!

しかし、インハイなどの上位に離れしている稲荷崎はチームさることながら、応援も手強い!!

そこへ颯爽と現れた和太鼓チーム、格好よかったですね!!
のやっさん&日向のみならず、ホレます!冴子姐さん♡

━━そして
嬉しかったのは~周りで主要他校キャラ達が観覧して解説してくれているところ。

  • 田中を見守る幼なじみ新山女子高の叶歌(かのか)ちゃん
  • 日向を目にかけてくれる梟谷学園の木兎と赤葦
  • 対戦相手になるかもしれない!?鴎台高校の星海
  •  
    特にお気に入りの木兎&赤葦コンビはツボすぎますw
    赤葦のセッターならではの解説に木兎並みに「ほー」と聞き入ってしまいました!

    今回の推しポイント

    • 和太鼓チームをひっさげて登場!我らが冴子姐さん
    • (でも明け方5時まで呑んでたらしいよw)

    • 心臓わし掴みで悶死するのやっさん&日向コンビ
    • (大地さんの「新しい死因だな…」のツッコミもGood!!)

    • 冷静に明確な解説を木兎(視聴者)に繰り広げる赤葦
    • (CV:逢坂良太さんがイケボすぎて内容がぜんぜん頭に入ってこないw

    まとめ

    ここでは『ハイキュー!!4期(TO THE TOP)2クール第14話』のネタバレあらすじ&感想をガッツリ紹介しています☆

    いよいよ稲荷崎高校との熱戦が繰り広げられるターン

    噂通りのバレー界最強ツインズ「宮兄弟」がどんな戦い方を見せるのか?
    第1クール同様、毎週、目が離せませんね!!

    その第1クール全13話のネタバレあらすじと感想記事はコチラ↓

    ↓ 『TO THE TOP』1クール全13話のあらすじ&ガッツリ感想も☆ ↓
    「ハイキュー!!4期」見逃し配信動画を無料でフル視聴できるサイトはどれ?感想と各話あらすじも

    そして・・・
    4期スタート前の2019年末に『ファンが選ぶベストエピソード10』という企画が開催されていましたね~
    入賞したTOP10の記事も書きましたので、よろしければコチラから↓
    (ムダに熱く・・・そしてネタバレ有です^^)

    『ハイキュー!! TO THE TOP』2クール目

    コート外(モニタ向こう)から烏野高校排球部の春高(全国大会戦)を~めいっぱい!応援しましょう☆

     

    ↓  ↓  ↓
    \「無料おためし」登録はコチラ/

    U-NEXTで今すぐ「ハイキュー!!」を観る

    「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません