feedback

今回のお題は「フィードバック」です。
これも、よく聞くワードですが…意味はひとつではないみたい!?

早速、意味や正しい使い方をチェックしますよ!

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

フィードバックの意味は?

 

フィードバック (feedback:英語)
①ある機構で、結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること。
電気回路では出力による入力の自動調整機能、生体では代謝・内分泌の自己調節機能など。
② 物事への反応や結果をみて、改良・調整を加えること。
③ 顧客や視聴者など製品・サービスの利用者からの反応・意見・評価。また、そうした情報を関係者に伝えること。

元々は制御工学の専門用語として使われ始め

帰還入力と出力のあるシステム上で、出力を入力側に戻す操作

のことを指していました。

それが転じて、出力(結果)入力(原因)に戻す、すなわち

結果受け取り手側の反応、意見、評価」を「原因作り手側へ返す、伝える

という現代のフィードバックの使われ方に変化しました。
 

よって、現代日本社会で使われている「フィードバック」は主に

  • 物事への反応や結果をみて、改良・調整を加えること
  • 顧客や視聴者など製品・サービスの利用者からの反応・意見・評価

の意味で用いられます。
 

Pino
英語のフィード(feed)は餌(食べ物)を与える+バック(back)は返す、という意味から「何らかの有用な(糧となる)ものを返す」という意味からきているという説もあるね。

シャルル
元々の制御工学での専門用語が、その語源かもしれんな。

Pino
いずれにしても「使い手からの反応、感想」って、どの分野においても重要だよね!

フィードバックの使い方と使用例

例) 製品開発において、利用者からのフィードバックは重要です。

この場合のフィードバックは「利用者からの反応・意見・評価」という意味ですね。

フィードバッグは利用者が直接、作り手に伝えることもあれば、作り手側からの質問に答えることもあります。

また現在はメディア上で公表することもフィードバックのひとつです。

例) プロジェクトメンバーに現時点でのフィードバックを伝えた。

この例文のフィードバックは上司が部下へ与える「具体的な言葉で行動や結果を評価したもの」のことを指します。

フィードバックの対象は
上司から部下」「先輩、同僚」の他にも

自らが「自身の行動や結果を振り返り自己評価する」ことにも使われます。

例) 前回のフィードバックを次の実験に反映させる。

制御工学の分野におけるフィードバックとは「帰還=入力と出力のあるシステム上で、出力を入力側に戻す操作」のことを指します。

ある行動をした結果(出力)を分析して、原因(入力)修正・調整をする、という意味です。

例) フィードバック奏法はロック音楽に不可欠な要素となりつつある。

フィードバック奏法とは「エレキギター演奏の際にフィードバックによって生じる発振音(ノイズ)を楽音として取り入れる奏法」のことです。

エレクトリックギターは弦の振動を電子回路で増幅して音を出しますが、この「増幅された音が弦をさらに振動させ発振する」ことがあり、これをフィードバックと呼びます。

エレキギターの「フィードバック」は多くの人には不快とは感じず、むしろロック音楽に効果的な音を作り出すとされています。

例) 心理学においてフィードバック技法の効果は認められています。

フィードバック技法とは「行動や反応を、その結果を参考にして修正・調整し改善してゆく仕組み」のことです。

このフィードバックはカウンセラーや指導者が患者に対し、考える機会やキッカケを与えることも指します。

患者に対して「自分自身または第三者から、本人がどう見えているか=結果」を伝えることにより、本人が「自己探求をして自分自身の外面・内面にあるもの=原因」に気付くこと、これが心理学においてのフィードバックとなります。
 

Pino
入力(原因)⇒出力(結果)という図式で考えるとわかりやすいね!

シャルル
フィードバックとは、その順序を逆にして「結果」から「原因」を探り、修正・調整する、ということだな。

Pino
これはどの分野にも応用できるね!特に「心理学のフィードバック」なんて・・・カウンセリング受けてみたいなー

シャルル
・・・ピノに悩みがあるとは思えんが;

まとめ

フィードバックの意味は?

①結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること。
② 物事への反応や結果をみて、改良・調整を加えること。
③ 顧客や視聴者など製品・サービスの利用者からの反応・意見・評価。

 
 

いかがでしたか?
フィードバックという言葉も様々な分野で使われているワードですね。

「「”結果=顧客の反応・意見” を ”原因=作り手” へ戻すこと」

をイメージして覚えておきましょう!

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す