こんにちは!
雑然とした日常(家?)を離れて、ゆっくりコーヒーを楽しむカフェ大好きな、Pino(ピノ)です!

さて、今回のお題は「リテラシー」です。
これも「聞いたことはあるけれど・・・」的なワードのひとつ。
早速、意味や正しい使い方をチェックしますよ!

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

リテラシーの意味は?

 

リテラシー (literacy:英語)
① 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。
② コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー
③ 情報機器を利用して、膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用する能力。→情報リテラシー

リテラシーの意味を簡潔にあらわすと
①読み書き能力②ある特定分野に関する知識と活用能力③情報読解活用能力 のことです。

英語のliteracyはラテン語の literatus(教育を受けて文字を知っている者)から派生した literate の名詞形で、元々は「文字を読んだり書いたりできる能力=識字(しきじ)」を指していました。

現代の日本語の中で使われるリテラシーは引用辞典の意味ごとに解説すると
①ある特定の分野に関する知識を持ち、その記述体系を理解し、活用できる能力
②様々な言語・コミュニケーション媒体(例:ボディランゲージ・画像・映像等)を適切に読み取り、分析し、その媒体で記述・表現できる能力
③膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、整理・分析し、活用する能力 のような意味となります。
 

Pino
リテラシーも英語から派生して、日本語の中ではまた少し違った意味で使われきているねー

シャルル
元々は「識字率」の意味で、ある国または地域での文字の読み書きができる人の割合を表す用語だ。

Pino
そこから「文字が読み書きできる」⇒「その文字を活用できる」⇒「文字を使った媒体(情報)の内容を読み解くことができる」と派生していったワケだ。

シャルル
出会えば分かりあえる。人は変わってゆくのさ。

Pino
ニュータイプは・・・究極のリテラシーかもね!

リテラシーの使い方と使用例をみてみよう!

例) あの学校の卒業生はリテラシーが高いと定評がある。

この場合のリテラシーは「読解能力、活用能力」が高い、という意味です。

またそのような能力を高めることについて「リテラシーの向上」や「リテラシーの育成」のような表現が可能です。

例) 現代のインターネット社会では情報リテラシーが問われる。

情報リテラシーとは「膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、整理・分析し、活用する能力」のことです。

例) 社会全体のメディアリテラシーを高める必要性がある。

メディアリテラシーとは「テレビや新聞、雑誌、インターネット上のメディア情報を正しく読み解く力のこと」を意味します。

また、「情報がある形で提示されるに至った経緯や発信者の意図などを探り、裏に隠された真実を深読みする」というニュアンスも含まれます。
前の情報リテラシーがありとあらゆる「情報」であるのに対し、こちらは「メディア=ニュースソース(情報源)」を限定したものです。

例) ネットリテラシーはSNS上での重要な自己防衛手段です。

ネットリテラシーとは「SNSをはじめ匿名で発信された情報の中から必要な正しい情報を選び、活用できる判断力」の意味です。

発信する相手の見えないインターネット上において、マナーを守り、真偽を見極める力は自分を守るために必要な能力です。

例) 金融リテラシーは金融・投資の分野では必須なリテラシーです。

金融リテラシーとは「金融商品や経済に関する知識をもとに情報を正しく理解、分析し、自主的に判断する能力 」の意味です。

保険商品やローン・クレジット、資産運用などに関する知識や自主的判断能力があることを「金融リテラシーがある」と表現することもあります。
 

Pino
情報の溢れるインターネット社会では「情報リテラシー」は必須だね!

シャルル
その中でも特に「メディアリテラシー」は情報操作されがちなニュース情報源を疑って探る、重要なリテラシーだ。

Pino
確かに。ツイッターなどのSNS上ではリツイート等で、一瞬にして情報が広まるけれど、その真偽を見極めて流している人は多くは無いかも。

シャルル
間違った情報を間接的とはいえ、拡散することは、その間違った情報(違法な事も含まれる場合もあり)に加担しているのと同じことだ。

Pino
!・・・それは、本当にコワイことだね。もっと学校や家庭でも、情報・メディアリテラシーについて勉強していかなきゃね!

まとめ

リテラシーの意味は?

① 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。
② コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー
③ 情報機器を利用して、膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用する能力。→情報リテラシー

リテラシーの使い方・使用例は?

リテラシーが高い「読解能力、活用能力」が高い
情報リテラシー膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、整理・分析し、活用する能力
メディアリテラシーテレビや新聞、雑誌、インターネット上のメディア情報を正しく読み解く力のこと
ネットリテラシーSNSをはじめ匿名で発信された情報の中から必要な正しい情報を選び、活用できる判断力
金融リテラシー 金融商品や経済に関する知識をもとに情報を正しく理解、分析し、自主的に判断する能力
 
 

いかがでしたか?
リテラシーという言葉、これからの時代のキーワードになりそうですね!
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す