こんにちは!
クローゼットの奥が違う世界に繋がっている・・・というお話大好きPino(ピノ)です♪

さて、今回のお題は「イリュージョン」です。
この言葉も夢が拡がる雰囲気ですよね~
早速、意味や使い方などをチェックしてゆきましょう!

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

イリュージョンの意味は?

 

イリュージョン (illusion:英語)[ラテン語 illūdere 「からかう」から (IL‐+lūdere 「遊ぶ」); 形容詞 illusory]
① 幻影。幻想。錯覚。幻覚。
② 〘美〙 二次元の画面に感じる、遠近感・立体感などの三次元的な錯覚。バロックの天井画はその代表例。
③ 大掛かりで幻想的なマジック-ショー。

イリュージョンは英語illusionから来ている言葉で「幻覚」「幻影」「幻」「思い違い」「勘違い」「錯覚」「幻想」「誤解」という意味があります。

幻覚・幻想とは?現実に無いものがあるように感じること、思い描くこと。

英語のイリュージョンは語源のラテン語の意の「からかう」からも分かるように、「惑わされる」「思い違い」「勘違い」のようなニュアンスも含みます。

そこから「幻(を見ているような)」「錯覚を覚えるような」「惑わされるような」⇒マジック・ショーの意味へと派生したと思われます。
 
                            

Pino
日本で使われている「イリュージョン」はマジックの世界はもちろん、舞台や映画の世界、他には歌詞などにもよく使われるよね~

シャルル
主に「幻想的」という意味だな。風景や雰囲気を現す時にも用いられる。

Pino
英語みたいに「誤解」とか「思い違い」のような使い方はしないね。

イリュージョンの使い方と使用例

例)霧の深い日、あの丘から見る景色は、まさにイリュージョンだよ。

このイリュージョンは「幻想」「幻影」「現実にないものがあるように見える」の意味です。

霧や霞、虹などの自然現象は、いつも見ている世界とはまったく違う、幻想的な景色を私達に見せてくれますよね。そんな時に使える言葉が「イリュージョン」です。

例)彼の描く絵は三次元を思わせるイリュージョン・アートです。

二次元の絵の世界における「イリュージョン」「幻覚的な、錯覚させるような効果を持つ絵」のことです。

これらは「錯視」と言われる「あたかも動いているような錯覚を覚える絵」や昔から「だまし絵」と呼ばれ、例えばキャンバスに描かれた階段を登っているつもりが、いつのまにか下りになって、また別の登り階段に繋がって永遠にループする、ような絵柄のことです。

人の視覚・知覚の錯覚を利用したこの技法は、観る者を不思議で奇妙な世界へと引き込む、魅力的なアートの分野です。

例)新しいアトラクションの見どころはレーザー演出による体感イリュージョンです。

このイリュージョンは①と③の意味どちらも含む「幻想的、幻覚的な大がかりなショー」のことを指します。

本来、マジックにおける「大がかりな演出」の意味ですが、今では遊園地のアトラクションや芸術の分野でも使われるようになってきました。

イリュージョンの類語

イリュージョンと似ている言葉にマジック、トリック、ギミック、ファントムなどのワードがあります。早速、意味をみてゆきましょう。

マジック(magic : 英語)

魔法。妖術。手品。奇術。

トリック(trick:英語)

人をだます謀(はかりごと)や仕掛け。ごまかし。詭計(きけい)。策略。

ギミック(gimmick:英語)

からくり。仕掛け。

ファントム(phantom : 英語 )

幻。幻影。お化け。幽霊。

それぞれの意味を見てゆくと、イリュージョンはマジックの中に含まれる「ひとつの演出」であり、トリック、ギミックは「人をだます仕掛け、方法」のことを指します。

「幻想」「幻覚」の類語であるファントムは、イリュージョンよりも「霊的」なニュアンスで使われ、英語でも「a phantom ship = 幽霊船」のような使い方をされます。

※ギミックとは?詳しくはコチラからも☆⇒【gimmick(ギミック)の意味|トリックとの違いと使い方も】
 

Pino
イリュージョンにしてもファントムにしても…語感がイイから、商品名などによく使われるよね!

シャルル
ファントムはアメリカのジェット戦闘機の名称として有名だな。

Pino
イリュージョンって・・・確か、モビルスーツもあるよね?

シャルル
あれは・・・時代が違うぞ;

まとめ

イリュージョンの意味は?

① 幻影。幻想。錯覚。幻覚。
② 〘美〙 二次元の画面に感じる、遠近感・立体感などの三次元的な錯覚。バロックの天井画はその代表例。
③ 大掛かりで幻想的なマジック-ショー。

イリュージョンの使い方と使用例

イリュージョンな景色現実にないものがあるように見える、幻想的な。
イリュージョン・アート幻覚的な、錯覚させるような効果を持つ絵
体感イリュージョン体感できる幻想的、幻覚的な大がかりなショー

イリュージョンの類語

マジック魔法。妖術。手品。奇術。
トリック人をだます謀(はかりごと)や仕掛け。ごまかし。詭計(きけい)。策略。
ギミックからくり。仕掛け。
ファントム幻。幻影。お化け。幽霊。
 
 

いかがでしたでしょうか?
イリュージョン、なんとも不思議な世界に誘ってくれそうな言葉でしたね~
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す