hq4-2top
ハイキュー!!TVアニメシリーズ4期『ハイキュー!! TO THE TOP

━━ファン待望のハイキュー!!TO THE TOP(シーズン4)第2クールが2020年10月2日からスタートしてます!

このハイキュー4期の第2クールは第1クールの最終回から引き続き春高大会2日目
インターハイ2位の強豪・稲荷崎高校との対戦です。

こちらでは熱い戦いが繰り広げられる第2クール目第11話(通算24目)『バケモンたちの宴』ネタバレあらすじと感想をご案内します!


各エピソードごとの超個人的《推しポイント》の感想もつけてますので宜しければ覗いてみてくださいね♪

『ハイキュー!!TO THE TOP』第1クール(第1~13話)の見逃し配信情報と「各話あらすじ&感想」記事はコチラ↓

\とにかく無料お試しでハイキュー!!4期全話を早く観たい!/
という方はコチラから☆

↓  ↓  ↓

U-NEXTで「無料おためし」してみる

「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません

前回第23話「静かなる王の誕生」あらすじ

第3セットも終盤に突入。日向のレシーブもあり流れを引き戻した烏野は一進一退の攻防を繰り広げるもマッチポイントを握られてしまう。そんな絶体絶命の状況でセッター影山が見せたプレーとは―。
「ハイキュー!!」公式サイトより

「ハイキュー!! TO THE TOP」第24話「バケモンたちの宴」

デュースに突入し、あと1点で勝敗が決まる緊張の中でのせめぎあいが続いていた。激闘の稲荷崎戦、試合は両チームの総力戦へ―!!
「ハイキュー!!」公式サイトより

アバン

白熱のラリーが続く烏野VS稲荷崎

 ━━侑の集中は
 たまにプッツリ切れる時がある
 けれど今日は
 どんどん精度が上がってゆくようにすら感じる

スパイクの後
宮侑の様子をうかがいながら考える角名

バケモンたちの宴

(シーン:稲荷崎ベンチ)
「けどやっぱり・・・バケモンは居ると思います」
後輩の言葉に、せやな・・・と続ける北

日々バレーを愛する
バケモンは居って

そういう奴と会えて
同じコートに立って
ネットを挟んで戦える

俺はバケモン達の宴に
混ざれた人間や
「ラッキーやなあ」

くり返す希望と絶望

ここで宮侑のサーブ

「ココ越える以外の道は無えぞ!!」
澤村の気合に応えるメンバー達

(シーン:上善寺高校体育教官室)
PCモニタで観戦している谷原監督

━━宮侑のサーブ
さっきまで西谷君との勝負に興じていたのが今、どこに牙をむくのか分からなくなった。
烏野レシーバーのプレッシャーは計り知れない。

宮侑のジャンプフローターサーブ
澤村の目前で浮くボール
オーバーハンドの指が弾かれます。

実況「高校性とは思えない!ハイレベルなサーブの応酬…!!」
希望と絶望をくり返す…!!!

奇蹟はいらない


稲荷崎 27-26 烏野
━━稲荷崎高校マッチポイント

場内に響き渡る「あと1点」コール

表情の強張る烏野コートに鳥養監督が声をかけます。
「奇蹟はいらねえんスよ」

ふっと力の抜けるメンバー達
「毎回こんなのばっかだなあ!」
主将・澤村が声を上げて笑います。

一歩押されりゃ、断崖絶壁
慣れねえよ、毎回な
手も膝も震えそうだ
けど…奇蹟を起こそうとしてるわけじゃない

今まで何遍もくり返してきた事を
ここでまた、やるだけなんだ

容赦ない日向

宮侑のサーブ2本目
滑らかなジャンフロの次は強烈なスパイクサーブ!

かろうじて澤村が跳び込んでレシーブを上げます。
しかしボールは長く、ネットを越える…!

けれど…助走で走り込んでくるのは日向

孤爪「…翔陽は本当に容赦が無いね」
観覧席で呟く研磨

日向に気づいてジャンプする影山
━━負けてたまるか
コイツに負けて…たまるか!

ワンハンドではなく両手を伸ばし、そっとボールを置きにいった先には高く跳んでいる日向の手が…

「上げんのかーい」
思わずぼやくブロッカー角名の横を中央からの変人速攻が稲荷崎コートに叩き込まれます。

実況「ネットを越えかけたボールを見事に上げて見せた影山飛雄ー!!」
解説「打点が高い!羽がある様ですね日向くん、スタミナも凄い」


ネット越しに日向を見る宮侑

━━アイツはセッターを信じとるんやない
ただ、思っている
上がってくると思っている

同情すんで飛雄くん
エライおっかない相棒持ってもうたな

ドヤ顔で日向の前に立つ影山
…勝った!

日向「なんだ?その顔ヤメロッ!決めたのおれだぞ!?」

俺のおかげの(←影山ココロの声)
影山「ナイスキー!
日向「その顔で言うなっ!

居ろよ

稲荷崎 27-27 烏野
デュースに持ち込んだ烏野

日向のサーブを宮治が上げ宮侑がふわりとセットアップ
その先に跳ぶ角名に遅れずに付くブロッカー月島

 ここでこの人を叩き落せたら
 チームは大盛り上がりだろうな
 でも、無理だから
 ━━居ろよ

スパイクの先で待ち構える日向
解説「良い位置取り!」

レシーブを上げながら…ブロッカー月島の後ろ姿を見る日向

 ━━ああくそ、今までだって
 わかってたつもりだ

 けどコイツ(月島)本当に
 ブロックうめえんだなあ

すべてが繋がっている

カウンター攻撃!
後ろマイナスでボールを叩き込んだのは主砲東峰

ついてゆくMB角名
その先に居るリベロ赤城

(シーン:観覧席)
すごいね、と感嘆の声をあげる美華ちゃんに説明する大将

レシーブも凄いけど
ブロックと連携してるからこそ拾えるんだ

そのブロックとレシーブを破ろうとするスパイカー達
スパイカーに有利な状況を作ろうとするセッター
セッターに仕事をさせないように攻めるサーバー…

ボールが落ちるまでの全部が繋がっていて
一瞬でも思考を止めれば置いて行かれる

読めないセッター宮侑が上げたの先
反応が遅れるブロッカー月島

 ━━クソ
 頭はクリアなのに脚が遅れる

銀島のスパイクのワンタッチを取った後、よろけて澤村にぶつかる月島なのでした。

羨望と同情

バックライン外に落ちかけたボールを跳び込んで上げたのは田中
そのボールの下に影山がすかさず入り、エース東峰にセットアップします。

ふわり、と美しい弧を描くボール

デバイスで観戦していた伊達工の小金川が思わず声を上げます。
「…きれいなだなあ」

自分に向かって上げられた美しいセットアップを見て東峰は思います。

この先も
このトスを打つ
1,2年・新しい1年が
羨ましいと同時に
…すこし同情する

エースを止めんと跳ぶ3枚ブロック
空中で身体をそらせてタイミングをズラす東峰

落ちかかったブロッカーの手先に当たったボールは大きくブロックアウト
烏野がブレーク!(逆転)

全部ムカつく

(シーン:伊達工)
━━ムカつくぜ

え?何スか?と不思議そうな小金川に説明する先輩2人

二口「今、打つタイミングズラしたの、練習試合で試してたじゃねーか」
青根「ブロックが落ち始める瞬間を待って打つ・・・」
二口「下手やれば、ただのショボスパイクになるだろうけどな」

 未完成のスパイクをココ(本番)で成功させんのも
 バテバテの終盤で空中姿勢崩さねえのも
 ・・・全部ムカつく

シーンは稲荷崎ベンチ
主将・北がコート内の連中の今の気持ち、分かるか?と後輩に尋ねます。
プレッシャーと緊張に耐えている…?という応えに微笑んだ北

「ここでキメた奴がヒーローや」

最高の囮

稲荷崎 27-28 烏野
烏野高校マッチポイント

日向サーブをアランがレシーブ
宮治の「俺によこせ」という圧
「絶対に決めたる」と思とる奴の殺気

センターでふわりとセットアップする宮侑

それを囮に使うのんも
━━最高に贅沢や

そのボールをライトから角名が決めます。

宮兄弟の速攻、数は多くないが印象が強いので効果的ですね、と実況

腕組みして呟く稲荷崎監督
「侑も新しいオモチャ(双子速攻)いっぱい使いたいやろけどな
上手い具合にガマンしとるわ」

大胆不敵

月島が打ったスパイクをあげる稲荷崎
レフトから主砲アランがブロックの上から決めます。

ふたたび稲荷崎30ー30烏野
烏野の背中を掴んで離さない稲荷崎!

宮治の落ちるサーブをかろうじて上げた東峰
しかし…長くネット越え!?

━━けど、コイツ(影山)は上げよるぞ!!
身構える稲荷崎メンバー達
傍らには踏み込んでくる月島の姿

と…思いきや、影山はツーアタックで稲荷崎コートへ落とします!

呆然とする稲荷崎
不敵な笑いを浮かべるセッター宮侑

はやさは“魔性”

稲荷崎30-31烏野
烏野マッチポイント…あと1点!

サーブの月島の目に稲荷崎の横断幕が映ります
「思いでなんかいらん」
ふ、と笑ってサーブを打つ月島

ボールはネットをギリギリで越え、落ちるように稲荷崎コートへ!

━━こいつ(眼鏡)!
“とりあえず入っとけサーブ” やったやないかい!

レシーブを上げたアランが毒づきます。

チャンスボールで返ってきたボール
烏野メンバーが一気に畳みこみます。

攻めろ、攻めろ
はやく、相手よりはやく!
 
相手の体勢が整う前に
追いつかれる前に

その焦りの攻撃に…叫ぶ鳥養監督

「ゆっくり!ゆっくり!!」
その声も聞こえないほど目まぐるしく続くラリー

体勢の悪いまま上げる影山のトス
レフトの田中も助走が短すぎ、リバウンドを狙います。

“はやさ”は魔性だ

視野を狭く、呼吸を浅く
相手を苦しめるが 同時に
自分達(味方)の首も締めていく

「ゆっくりだ!おちつけ!」
しかし、鳥養監督の声はコート内の選手には届きません…

楽していこうぜ


オーライッッ

━━ポーンと高くあがるボール

皆がハッとしてその球を目で追います。

PCモニタで観戦していた百沢
1年生強化合宿で日向に言われた一言を呟きます。

「楽(らく)してこうぜ」

簡単で些細で
でも忘れがちな
高く優しい
ファーストタッチ

味方呼吸をさせる
ファーストタッチ

入部したての頃の姿を思い浮かべながら…日向の成長に感動する菅原
 …やべぇ、泣きそう

一呼吸ついた烏野メンバーが助走距離を取り「シンクロ攻撃」に一斉に走り出します。

マイナス・テンポ“ 背 ”

稲荷崎 30ー31 烏野
烏野高校マッチポイント

 味方に余裕を作る事は
 相手にも同じ事、問題無い
 さあ、真っ向勝負!

影山がふわり、と上げたトスの先には
シンクロ攻撃で跳んだレフトの田中

しかし、そこには大耳の高いブロックが!
「ナイスブロック…!!」
稲荷崎ベンチから上がる声

落ちるボールをかろうじて手に当てた影山でしたが・・・上がったボールは低くバックラインに弾かれます。

必死で追いかける月島
けれど届いた指先では上げられず…

しかし、隣に跳び込んできた澤村がバックハンドで大きく稲荷崎コートへ返します!

━━前、前、前ッ!

実況「烏野の執念が稲荷崎を乱すが━━」

(シーン:青葉成城)
矢巾が机を叩いて叫びます。
「戻れ、戻れ、速く!!!」


倒れ込んでいた月島、澤村
そして一斉にコート内ネット際に戻る烏野

その時…稲荷崎後衛の宮治が飛び出します。

双子速攻
マイナス・テンポ

稲荷崎横断幕
「思い出なんかいらん」

どん ぴしゃり!

宮ツインズから繰り出される速攻

━━が
そこには日向・影山のツーブロックが!!

ボールの勢いを止め
押し返す二人の手

弾かれたボールは大きく弧を描いて
稲荷崎コートのバックラインへ

追いかける銀島の指の先で
サイドで見ている主将・北の目の前で
ボールは無情にもコート内に落ちるのでした。

少しだけ知っているから

ピッ、ピピーッ
稲荷崎 30ー32 烏野

会場に響き渡る試合終了のホイッスル

コートサイドから飛び出す烏野メンバー達

朦朧とした意識の中で
月島は二人(日向・影山)の背中を眺めます。

たぶん
皆が驚いていたけれど
僕らは驚かない

0.1秒が勝負の瞬間に
こいつらだけが
このタイミングの
双子の速いバックアタックに
唯一、1ミリも
動揺していなかった

「はやさ」はとても
とても強い武器で
魅力的で、格好良くて

それでも
無敵なんかじゃないと
他人(ひと)より少しだけ
知っているから

ハイキュー!!シーズン4第24話「バケモンたちの宴」の推しポイント

今回の推しポイント

  • ラッキーやなあ
  • バレーの妖怪たち“バケモンたちの宴”に招かれた北さんの笑顔!

  • 毎回こんなんばっかだなあ!
  • 監督の「奇蹟はいらねんスよ」の言葉に対する大地さん
    あの明るい頼もしい感が最高♪

  • 小金川の「きれいだなあ」
  • もう、これは素直な小金川キャラだからこそ
    ほら他のライバルたちは「ムカつく・・・」とかだからねw

  • 矢巾の「戻れ!戻れ!!」
  • これも通常はチャラい矢巾が叫ぶからこそ!のシーン
    アニオリのテーブルをドンドン!と叩くのがね・・・もう最高☆

  • 日向の「オーライッッ」
  • ここであの・・・「楽していこうぜ」がくるのか!!
    今までずっと黙って観戦していた百沢がモニタ前で呟くのも◎

  • 最後の激闘ラリー
  • 皆に一息つかせた日向のレシーブからの激闘
    シンクロ攻撃がブロックされ、影山、月島、大地さんと繋ぐ!
    し、心臓痛すぎる・・・

  • 最後の月島(CV内山昂輝)のセリフ
  • 「速さはとても・・・とても強い武器で魅力的で」
    最高で最強のナレーションをありがとう!!

「ハイキュー!! TO THE TOP」スタッフ&キャスト

製作スタッフ

原作:古舘春一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
監督:佐藤雅子
副監督:石川真理子
シリーズ構成:岸本卓
キャラクターデザイン:岸田隆宏
作画総監督:小林祐
音楽:林ゆうき/橘麻美
アニメーション制作:Production I.G

キャスト

日向 翔陽:村瀬 歩
影山 飛雄:石川 界人
澤村 大地:日野 聡
菅原 孝支:入野 自由
田中 龍之介:林 勇
東峰 旭:細谷 佳正
西谷 夕:岡本 信彦
月島 蛍:内山 昂輝
山口 忠:斉藤 壮馬
縁下 力:増田 俊樹
清水 潔子:名塚 佳織
谷地 仁花:諸星 すみれ
武田 一鉄:神谷 浩史
烏養 繋心:江川 央生
星海 光来:花江夏樹
宮 侑:宮野真守
宮 治:株元英彰

まとめ

ここではハイキュー!!4期(TO THE TOP)2クール第24話『バケモンたちの宴』ネタバレあらすじ&感想をガッツリ紹介しています☆

3セット目も希望と絶望の繰り返し!
見ているこちらも心臓が痛くなってきますよね…;

そしてとうとう…勝負を決める一打が!!

もう来週でハイキュー4期『TO THE TOP』が終わりなんて~
これから・・・何を希望に生きて行けばよいのか!!
(5期いつですかー!!)

━━けれど稲荷崎戦の最期、しっかり見届けましょう!

その稲荷崎戦を最初から見たい方は『TO THE TOP』1クール目の最後2話(12,13話)からの視聴になりますヨ☆

第1クール全13話のネタバレあらすじと感想記事はコチラ↓

↓ 『TO THE TOP』1クール全13話のあらすじ&ガッツリ感想も☆ ↓
「ハイキュー!!4期」見逃し配信動画を無料でフル視聴できるサイトはどれ?感想と各話あらすじも
↓ 『TO THE TOP』2クールの各話あらすじはコチラ ↓
「ハイキュー!!4期」TO THE TOP第2クールの各話あらすじと感想

そして・・・
4期スタート前の2019年末に『ファンが選ぶベストエピソード10』という企画が開催されていましたね~
入賞したTOP10の記事も書きましたので、よろしければコチラから↓
(ムダに熱く・・・そしてネタバレ有です^^)

『ハイキュー!! TO THE TOP』2クール目

コート外(モニタ向こう)から烏野高校排球部の春高(全国大会戦)を~めいっぱい!応援しましょう☆

 

↓  ↓  ↓
\「無料おためし」登録はコチラ/

U-NEXTで今すぐ「ハイキュー!!」を観る

「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません