こんにちは!
ダイバーシティは、ある商業エリアの名前だと思っていた、Pino(ピノ)です;

今回のお題はその「ダイバーシティ」です。
私の勘違いを訂正すべく!早速、意味や使い方などをチェックしてゆきましょう~

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

ダイバーシティの意味は?

 

ダイバーシティ (diversity: 英語)
《「ダイバーシティー」「ダイバシティー」とも》
1 多様性。相違点。
2 企業で、人種・国籍・性・年齢を問わずに人材を活用すること。こうすることで、ビジネス環境の変化に柔軟、迅速に対応できると考えられている。
3 携帯電話などで、複数のアンテナで電波を受信し、受信状況の良い方を使う技術。

ダイバーシティは英語のdiversity「多様性」「種々」「雑多」からきた言葉です。
日本のカタカナ語におけるダイバーシティも同じ「多種性」と訳され、「いろいろな種類や傾向のものがあること」という意味です。

現代ビジネス社会においてのダイバーシティ(多様性)は主に「性別・年齢・国籍・人種・宗教・性的指向・障害の有無などの多様性のこと」を意味し、その枠を超えて有用な人材を登用しようとする取り組みの事を指します。
 

Pino
いや~私すっかり、ダイバーシティは「ある商業エリアの名前」でシティは「City=市」だと思っていたわ~

シャルル
よかったな、この機会に間違いに気が付いて。若さゆえの・・・という言い訳はPinoにはきかんからな。

Pino
はっきり言う・・・気に入らんな!

シャルル
それは・・・私のセリフだ;

ダイバーシティに関連する用語や使い方をみてみよう

CRSの取り組みの中にダイバーシティの推進も含まれている。

CRSとは 「企業の社会的責任= 企業は自社の利益追求だけではなく、人権・環境・雇用・消費者保護・事業慣行・企業統治等にも配慮する責任がある」とする概念です。

このダイバーシティは社内における「性別・年齢・国籍・人種・宗教・性的指向・障害の有無などの多様性」を推進する、という意味です。

日本の多くの企業では主に 「女性の活躍推進」「障がい者の雇用促進」に焦点を当てて取り組んでいるようですが、グローバル的な視点からいうと、日本のダイバーシティに対する認識はまだまだ後進国のようです。

ダイバーシティマーケティング

ダイバーシティマーケティングとは 「多様な人材を活用する経営管理のこと」です。
つまり「性別・年齢・国籍・人種・宗教・性的指向・障害の有無などにかかわらず、多様な人材を活用する経営手段」のことを指します。

生物多様性(バイオダイバーシティ)

バイオダイバーシティとは 「 遺伝子・生物種・生態系と3つの多様性があるとされ、それぞれのレベルで多様な生物が存在していること」のことを指します。

①生態系の多様性森林、里山、河川、湿原、干潟、サンゴ礁、乾燥地など地球上に多様な環境が存在し、それぞれに適応した種、個体からなる特有の生態系が存在すること。
②(生物)種の多様性地球上には約180万種の生物に名前が付けられているが、未知の生物を含めると数千万から1億種の生物の種が存在すること。
③遺伝子の多様性同じ種であっても遺伝子配列が異なり、様性を生じ、多様な環境に適応した個体が生存して種を維持することを可能としていること。(参考引用:知恵蔵より)

このような多様性の中に人類も属しており、その生態系の中において多くの有益な恵み(食物や薬など)を享受しています。

しかしながら、昨今の地球環境の悪化により、生態系の破壊に対する懸念が深刻になってきており、それらの問題に対応するため、1992年に開催された地球サミットにおいて「生物多様性条約」が採択され、翌年発効されてます。

ダイバーシティの類語は?

ダイバーシティの「多種」と似たような意味のバラエティの違いはあるのでしょうか?早速、みてゆきましょう。

バラエティ(variety:英語)

変化(に富むこと)、多様(性)、さまざま(の)、いろいろ(な)、(同種の中の)種類

ダイバーシティとバラエティの違いを比べてみましょう。↓

ダイバーシティ ⇒ 多様性。種々。雑多。
バラエティ ⇒ 変化。多様性。さまざま。(同種の中の)種類

ダイバーシティとバラエティ、「多様性」というイメージは似ていますが、バラエティ「(同種の中の)種類(の違い)」を表すのに対し、ダイバーシティ「元々の種類の違い」を強調するものと云えます。

例えば、バラエティが「花の種類」の違いを意味するのに対して、ダイバーシティは「植物系の中の樹木と花」というような、もっと大きなくくりでの違いを表します。
 

Pino
ビジネスの分野でも使われいてる言葉だけれど、環境問題の分野でも重要なキーワードになってるんだね!

シャルル
「種の多様性」か…あるデータによると、人類の人口増加や環境破壊による影響で「生物の絶滅速度」が1000倍に加速したらしい。

Pino
えー!いっせんばい!?・・・人類も生態系の一部で、たくさんの有益な恵みを受けて来たのに;

まとめ

ダイバーシティの意味は?

《「ダイバーシティー」「ダイバシティー」とも》
1 多様性。相違点。
2 企業で、人種・国籍・性・年齢を問わずに人材を活用すること。こうすることで、ビジネス環境の変化に柔軟、迅速に対応できると考えられている。
3 携帯電話などで、複数のアンテナで電波を受信し、受信状況の良い方を使う技術。

ダイバーシティ関連する用語や使い方

ダイバーシティの推進社内における「性別・年齢・国籍・人種・宗教・性的指向・障害の有無などの多様性」の推進
ダイバーシティマーケティング多様な人材を活用する経営管理のこと
生物多様性(バイオダイバーシティ)遺伝子・生物種・生態系と3つの多様性があるとされ、それぞれのレベルで多様な生物が存在していること

ダイバーシティの類語とその意味の違い?

ダイバーシティ ⇒ 多様性。種々。雑多。
バラエティ ⇒ 変化。多様性。さまざま。(同種の中の)種類
 
 

いかがでしたか?
これからもダイバーシティ、キーワードになりそうな予感ですね!
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す