こんにちは!
落語のDVDが欲しいな~と探し始めている、Pino(ピノ)です。 志ん生・ 志ん朝親子がいいかなーw

さて、今回のお題は「カオス」です。
ネット上でよく出てくるこのワードですが・・・元の意味は?
早速、意味や正しい使い方をチェックしますよ~

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

カオスの意味は?

 

カオス (chaos:英語) [ギリシャ語「深い淵(ふち)」の意; 形容詞 chaotic]
① 混沌こんとん。混乱。
② ギリシャ神話の宇宙開闢かいびやく説における万物発生以前の秩序なき状態。また、同時にすべての事物を生みだすことのできる根源。ケイオス。 ⇔ コスモス
③ 初期条件・境界条件を定めると以後の運動が決まるような簡単な系であっても、初期条件のわずかな差で大きく違った結果を生ずるような現象。気象現象・乱流や生態系の変動などに見られる。

元は古代ギリシャ語の (Χάος, Chaos)「大口を開けた」「空(から)の空間」の意味でギリシア神話に登場する原初神のことです。そこからギリシャ語「深い淵」そして今の英語のカオス(chaos)に派生しました。

現代日本では①の意味から、ネット上や若者の間の会話の中で使われるようになりましたが、意味的には語源のような抽象的なものではなく、より具体的な「訳のわからない様」「メチャクチャな様」「ありえない、意味不明な状態」などのような意味で使われています。
 

Pino
ネット用語とか若者言葉とか言われているけど・・・元はギリシア神話からなんだねー

シャルル
元の「混沌」「混乱」という意味が、うまく現代の若者の会話にマッチして広まったようだな。

Pino
こういう、ちょっと「おおげさな」言葉って~ネット上だと使いやすいよね♪

カオスの使い方と使用例をみてみよう!

まずは③の数学の分野からのカオスの解説です。

例) カオス論とは「決定されているのに予測できないもの」

いきなり哲学じみた例文ですが…まずはカオス論の説明から↓
「あるものの未来の状態を予測する時に設定する初期値のわずかな誤差が、最終的に想像もつかない大差になってしまい、その結果混沌とした状態を生む」というものです。

自然科学の分野において、ニュートンの運動方程式は「最初の状態と状態の時間発展を記述する法則さえ得られれば、未来永劫あらゆる状態が予測できる」という考え方が支配していました。

複雑な事象の未来が予測できないのは、その事象を記述する式が複雑すぎて今の物理学では解き明かせないだけで、将来その式さえ解明されれば必ず予測可能になる、と考えられていました。ところが、そのような見通しを否定したのが、この「カオス論」です。
(参考引用:[世界観を覆した数学理論] 京都産業大学サイトより)

例) 部屋がカオス過ぎて足を踏み入れられない。

うって変わって現代のネット上や若者の間で使われいてるカオスの例文です。
これは「(部屋の中が)メチャクチャに散らかっていて足の踏み場もない」ような意味ですね。
雑誌や積プラが散乱して~地震の後のような状態・・・なのでしょうかw

例) 昨日から頭の中がカオスで上手く説明できません。

このカオスも「混乱していて、訳がわからない状態」という意味です。
いわゆる~頭の中がぐちゃぐちゃで、という様ですね。

例) 先週末行った旅行メンバーがカオスだった。

この場合のカオスは「訳のわからない、ありえない」メンバーだった、という意味です。
例えば~友達と一緒に祖父母や親戚、近所のおばさん、見知らぬ人まで一緒に来ちゃった・・・のような選出だったのでしょうかw

カオスの類語は?

カオスシュールは似たような意味なのでしょうか?早速、意味をみてゆきましょう。

シュール(surreal:英語)

非日常的な。奇妙な。理解不能な。
上記の意味から「うす気味の悪い」「ぞっとする」のようなニュアンスが含まれることもあります。

カオスとシュールの違いを比べてみましょう。↓

カオス ⇒ 混沌。混乱。訳のわからない様。メチャクチャな様。ありえない、意味不明な状態。
シュール ⇒ 非日常的な。奇妙な。理解不能な。

カオスとシュール、「訳の分からない」「ありえない」の意味は共通しますが、シュールの方がより抽象的な非日常感=「奇妙な、薄気味の悪い、ぞっとするような」が強いイメージですね!

※シュールをもっと詳しく★【surreal(シュール)の意味は?使い方もわかりやすく解説】
 

Pino
カオス論・・・なんだかよく分からないけど「なるほど~」とは思ったわ。

シャルル
なんだ・・・そのカオスなセリフは;

Pino
そうか!そういう時に使うんだね~カオスって。とにかく便利な言葉だわ。

シャルル
あまり乱用するな。若者言葉だぞ。

Pino
はっきり言う…気に入らんな。

シャルル
それは、 私のセリフだ!

まとめ

カオスの意味は?


① 混沌こんとん。混乱。
② ギリシャ神話の宇宙開闢かいびやく説における万物発生以前の秩序なき状態。また、同時にすべての事物を生みだすことのできる根源。ケイオス。
③ 初期条件・境界条件を定めると以後の運動が決まるような簡単な系であっても、初期条件のわずかな差で大きく違った結果を生ずるような現象。気象現象・乱流や生態系の変動などに見られる。

カオスの使い方・使用例は?

カオス論「あるものの未来の状態を予測する時に設定する初期値のわずかな誤差が、最終的に想像もつかない大差になってしまい、その結果混沌とした状態を生む」という論説。
部屋の中がカオス「(部屋の中が)メチャクチャに散らかっていて足の踏み場もない」こと。
頭の中がカオス「混乱していて、訳がわからない」状態。
カオスなメンバー「訳のわからない、ありえない」選出メンバー
 
 

いかがでしたか?
私も調べていて・・・どんどん、頭の中がカオスになってきました!笑
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す