こんにちは!
今回お題ワードを検索していたら…「おすすめシュール漫画」などにヒットしてしまい~つい、読みふけってしまったPinoです;
やっぱり幾つになっても~やめらないわー漫画ってw←ダメ大人

ということで、今回のお題はシュールです。
この「シュール」という言葉は、けして新しいワードではなく、70年代から使われ始めたそうなので…昔からよく見かけたり、耳にされた事も多いと思います。
しかし、「はっきりと意味を理解して使っている」方は少ないのではないでしょうか?
さあ、そんな「シュール」あらためて見てゆきましょう!

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アンタ、だれ!?

シュールの意味は?

シュールシュルレアリスムの略語(surréalisme:仏)
シュルレアリスムは、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した思想活動。一般的には芸術の形態、主張の一つとして理解されている。日本語では「超現実主義」と訳されている。
芸術運動のシュルレアリスムでは、その多くが現実を無視したかのような世界を絵画や文学で描き、まるで夢の中を覘いているような独特の非現実感は見る者に混乱、不可思議さをもたらす。
代表的なシュルレアリスムの画家=サルバトール・ダリ、ルネ・マグリット、マックス・エルンスト

このシュルレアリスムの略語「シュール」という言葉が日本では70年代前後に広告媒体で頻繁に使用された例がある。その後1990年末期頃からは「超現実」という概念からは離れて「ナンセンス」「不条理」などの意味でも使われるようになる。
表現や発想が非日常的、超現実的である様。

 

シャルル
この「超」はものすごい!ではなく現実という状況をも超えたという意味だな。

Pino
超現実的なんていう説明だと、まだ・・・?となるけど。ダリやマグリットの絵のような世界をイメージすると分かりやすいかもね!

シャルル
夢の中、あるいは無意識下でしか起こりえない奇妙で不可思議な世界、ということか

Pino
それが転じて「奇妙な」とか「ありえない」みたいな意味で使われるようになったのかな?

シュールの使い方と使用例は?

例) あの建築物はシュールだ。

この場合のシュールは非日常的な(今まで見たこともない)」「奇妙な」「理解不能な(どうやって作ったのか分からない)のような意味で使われています。建物の雰囲気によっては「うす気味の悪い」「ぞっとする」というようなニュアンスも含まれる場合もあります。

例) それはシュールなギャグだね。

人を笑わせる冗談・シャレの「ギャグ」をこのように表現することがあります。この場合のシュールは「現実離れしていて理解しがたいネタ」「ストレート(素直)に笑えない」というような意味合いで、ブラック・ジョーク(禁忌・タブーをネタにした笑い)に近いかもしれません。

例)「朝、目を覚ますと巨大な虫になっていた」なんて、シュールすぎる話だ。

この↑フレーズは有名なカフカ『変身』の一節ですね。冒頭のこの一文を読んで、背すじがソッした人も少なくないでしょう。笑
このシュールはまさにうす気味の悪い」「ぞっとするの意味で使われていますね。

Pino
日本文学でいうと江戸川乱歩の『押絵と旅する男』や安部公房の『壁』などがシュールな作品かな!

シャルル
有名な児童文学作品『不思議の国のアリス』もシュールなところがあるな。

Pino
そのチョイス!?・・・・・・ら、らしくない。

シャルル
はっきり言う…気に入らんな。

まとめ

シュールの意味は?

表現や発想が非日常的、超現実的である様。

使い方・使用例

建築物がシュール非日常的な。奇妙な。理解不能な。うす気味の悪い。
シュールなギャグ現実離れしていて理解しがたいネタ。ストレート(素直)に笑えないネタ。
シュールすぎる話日常から、かけ離れた信じがたい話。ぞっとする、うす気味の悪い話。
 

いかがでしたか?元のシュルレアリスムからは離れて独り歩きしている感のある、この言葉。
それこそシュール=奇妙なワードですね!笑
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

“surreal(シュール)の意味|使い方や使用例もわかりやすく” への1件のコメント

コメントを残す