こんにちは!
最近、ヨーグルトにはチアシードを入れている、Pino(ピノ)です。
でも息子には「カエルの卵みたいでヤダー!」と不評であります;

さて、今回のお題は「アサイン」です。
これもよく見聞きするワードですね。早速、ご一緒に~みていきましょう!

さて、今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

アサインの意味は?

 

アサイン (assign:英語)
[名](スル)物事を割り当てること。あてがうこと。また、任命すること。
p class=”link-ref”>引用元: デジタル大辞泉より

assign【əsάɪn(米国英語)】ラテン語「割り当てる」の意 (AS‐+sign‐, signāre[しるす])名詞 assignment,assignation
割り当てる、あてがう、与える、当てる、選任する、選定する、配属する、任命する、命じる、指定する

 

Pino
アサイン、って響きが格好イイじゃない?でも、元は動詞だからアサイン=任命する+するって二重動詞で変じゃない?

シャルル
英単語に「~する」と付けてすぐに動詞化するのは日本人の得意とするところだ、と言いたい…が。

Pino
・・・・・・が?

シャルル
今、使われているアサインは名詞assigntment(アサイントメント)を略して「アサインする」と使っている、というのが定説らしい。

Pino
なるほど。日本人、イイ感じに「略」すのも好きだからね~コンビニとかw

アサインの使い方と使用例をみてみよう!

例) 新規プロジェクトのメンバーにアサインされた。

ビジネスの分野では⇒選定する。任命する。配属するの意味で使われます。

例) 明日のアポイントメントは11時にアサインしました。

ビジネスの分野での使い方はもう一つあります。⇒指定する
客先を訪ねるために予約を取った際、先方から「11時に指定しましたよ」と回答が来た例ですね。

例) オシャンビューのお部屋をアサインさせていただきました。

ホテル業界ではルーム・アサイントメント⇒「(部屋を)割り当てるの意味で使われます。

同じように航空業界ではシート・アサイントメント⇒「(席を)割り当てると使われます。

例) パソコンのキーボードには、ある特定のキーに便利な機能がアサインされている。

コンピュータの分野ではキーアサイン⇒「特定のキーにある役割(機能)を割り当てること

例)Fn(ファンクションキー)+F12=音量が上がる。

例) タスクアサイントメントには必ず締切期限を付けるべきである。

タスクアサイントメント=「ある仕事・課題を人に割り当てること

例えば、上司があるプロジェクトを進めるにあたって「いくつかのタスクを数人の部下に割り当てる」ことを意味します。

また同じビジネスの場面で使われるアサインとの複合語に「タフアサイントメント」があります。
タフアサイントメント=「ビジネススキルやリーダーシップ能力向上のために困難な課題を割り当てること

※タスク?と思ったらこの記事!⇒【task(タスク)の意味は?ワークやジョブとの違いや使い方も】

例) 上司のジョブアサイントメント能力がチームの鍵を握る。

いきなり、重い例文になってしまいました。笑
ジョブアサイントメント=「ある仕事をメンバーそれぞれの能力や得意不得意の業務を知って上で、適材適所に割り当てること

これはビジネスの分野だけでなく、スポーツや学校など集団で動く組織に共通して使えますね!
 

Pino
いや~今回のアサインも便利な言葉だから、色々な場所で使われるけれど…特に仕事をアサインするとかって、難しいねー

シャルル
部下を持つ多くの上司が持っている悩みだな。

Pino
へー部下がいたんだ!階級とかあったの?

シャルル
最初、登場時は少佐だったが、すぐに中佐、大佐に昇進した。ナレーターが「シャルル少佐」と言いづらかったらしい。

Pino
え!そんな理由ーー!?

 

まとめ

アサインの意味は?


[名](スル)物事を割り当てること。あてがうこと。また、任命すること。
割り当てる、あてがう、与える、当てる、選任する、選定する、配属する、任命する、命じる、指定する

アサインの使い方・使用例は?

メンバーにアサイン=メンバーに任命(される)
11時にアサイン=11時に指定
ルームアサイン=部屋を割り当てる
シートアサイン=席を割り当てる
キーアサイン=特定のキーにある役割(機能)を割り当てること部屋を割り当てる
タスクアサイン=ある仕事・課題を人に割り当てること
ジョブアサイン=ある仕事をメンバーそれぞれの能力や得意不得意の業務を知って上で、適材適所に割り当てること
 
 

いかがでしたか?
アサインも様々な場面で使える便利なワードにひとつですね!
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

“assign(アサイン)の意味|使い方や使用例もわかりやすく” への1件のコメント

コメントを残す