こんにちは!Pinoです。
最近、アロマをディフューズしていると・・・窓から蜂が入ってくるようになりました。
これって・・・香りにつられてやってきてる!?

今回のお題は、「スタンス」です。
これも日常的によく聞く言葉ですね!

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意味を見てゆきましょう~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!

Pino
だから!アナタ、だれ!?

スタンスとは?

 

スタンス (英語:stance )
1 立場。態度。「記者としてのスタンスを問う」
2 野球・ゴルフ・テニスなどで、球を打つときの両足の位置・構え。
「スタンスが広い」「オープンスタンス」
3 ロッククライミングで、足場のこと。

英語の stance(スタンス) [ラテン語 stand 「立つ」から ⇒ 動詞 stand]から派生している言葉で「(ゴルフ・野球などの打者の)足の位置、スタンス、姿勢、態度」の意味があります。

 

一方、現代日本社会における「スタンス」は

物事に取り組む姿勢。心構え。態度。立場。
立った姿勢。構え。特に、野球やゴルフなどで、打つときの両足の位置。
ロッククライミング競技における「足場」「足を置く位置」

の意味です。

その中でも、ビジネスシーンや日常会話では①「物事に取り組む姿勢。心構え。態度。立場」が多く使われています。
 

Pino
なるほどね!スタンスは「スタンド(立つ)」から来ている言葉なんだね~

シャルル
「立った姿勢、何かに向かう構え」から、「物事に向かう姿勢、態度」という意味に派生したのだろう。

Pino
「立ち位置」、重要だよね!

スタンスの使い方と使用例

例)議長としてのスタンスはいつも中立的な立場を守ることにある。

このスタンス「物事に取り組む姿勢。立場」の意味です。

例) 社長はかねてより、投資に積極的なスタンスを取っている。

このスタンス「物事に取り組む姿勢。態度」の意味です。

このようにスタンスの後に「~とる」「~の違い」等をつけて使われます。

例) ボードのスタンス幅を調整してみてはどうだろう。

このスタンス「(スポーツ競技における)足の位置」を意味します。

例文はスノーボード、サーフボード等、ボード競技で使われるボード上における足の位置、開く幅のことです。

この他にも、ゴルフの構えた時の足位置、野球のバッターボックスでの足位置、またフェンシングでも構えた時の足位置等、と様々なスポーツに使われています。

マメ知識⇒「スイッチスタンス」とは?
サーフィン用語で、レギュラー(左足前の立ち姿勢)とグーフィー(右足前の立ち姿勢)の、どちらのスタンス(立ち姿勢)にも変えられること、を意味しますヨ♪

 

Pino
ビジネスシーンの中で、「スタンス」をきちんと使いこなせると~格好イイね!

シャルル
流行や今風の「うわべだけの言葉の響き」に流されず、ちゃんと意味を理解して使うことだ。

Pino
ほんと、ちゃんと意味を分かってないと~間違った場面で使ったりして・・・恥かいちゃうよね;

まとめ

スタンスの意味は?

1 立場。態度。「記者としてのスタンスを問う」
2 野球・ゴルフ・テニスなどで、球を打つときの両足の位置・構え。「スタンスが広い」「オープンスタンス」
3 ロッククライミングで、足場のこと。

スタンスの使い方と使用例

議長としてのスタンス「物事に取り組む姿勢。立場」
スタンスをとる「物事に取り組む姿勢。態度」
スタンス幅「(スポーツ競技における)足の位置」

 
 

いかがでしたか?
「スタンス」はく「足の位置=立ち位置=姿勢、態度、心構え」という構図を覚えておくとわかりやすいですね!
 

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す