こんにちは!Pinoです。
今でも遠足のおやつは○○円以内でのルールは、あるのでしょうか?
『先生~バナナはおやつに入りますかぁ?』←わかる人いるかなw

さてさて、今回のお題は「ナレッジ」です。
これもよくビジネスシーンで聞く言葉ですね!

早速、今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意味を見てゆきましょう~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!

Pino
だから!アナタ、だれ!?

ナレッジとは?

 

ナレッジ (英語:knowledge )
1 知識・情報。
2 企業などの組織にとって有益な知識・経験・事例・ノウハウなど付加価値のある情報。
→ナレッジマネージメント

英語のknowledge(ナレッジ)
「知(ってい)ること、知識、認識、情報、熟知、精通、学識、見聞、学問」の意味があります。

現代日本社会においても

知識・情報。
企業や組織・団体にとって有益な知識・経験・事例・ノウハウ等、付加価値のある情報のこと。

の意味で使われています。
 

ナレッジの使い方と使用例

例)あなたにはスキルとナレッジがあるので、もっと自信を持つべきだ。

このナレッジ「知識」「情報」の意味です。

例) 今まで培ってきたナレッジを、ぜひとも皆で共有すべきです。

このナレッジ「有益な知識・経験・事例・ノウハウ等、付加価値のある情報」の意味です。

ナレッジマネジメント

ナレッジマネジメントとは「知識資産管理のこと。企業や組織に属する者たちが、それぞれが保持する経験・スキル・ノウハウなどを、活用可能な知的財産として集積・管理し、共有化する仕組み」の意味です。

ナレッジの類語

ナレッジと似ている言葉にインフォメーションノウハウがあります。
それぞれの意味と違いをみてゆきましょう。

インフォメーション(英語:information )

情報、知識、(情報・知識の)通知、伝達、情報量。

ノウハウ(英語:know-how )

実際的知識、技術情報、ノウハウ、(製造などの)技術、こつ

それぞれの意味を比べてみましょう↓

ナレッジ
知識、情報、有益な付加価値のある情報(経験から学んだ、培った知識・情報)
インフォメーション
情報、知識、伝達(見聞したことから得た知識・情報)
ノウハウ
実際的知識、技術情報、こつ(経験から習得した技術情報、工夫して編み出した知識)
 

Pino
なるほどね~インフォメーションは見聞きした知識・情報のことで、
ナレッジは経験から学んだ知識や情報ってことね!

シャルル
ノウハウは何度も経験を重ねた上に習得した技術情報というところだな。

Pino
「経験に勝る知識なし」ってとこね~

シャルル
MSの性能の違いが戦力の決定的差ではない、ということだ。

Pino
・・・・・・いや、それ、違うよね?

 

まとめ

ナレッジの意味は?

1 知識・情報。
2 企業などの組織にとって有益な知識・経験・事例・ノウハウなど付加価値のある情報。

ナレッジの使い方と使用例

ナレッジがある「知識」「情報」がある。
ナレッジを共有「有益な知識・経験・事例・ノウハウ等、付加価値のある情報」
ナレッジマネジメント「知識資産管理」のこと。

ナレッジの類語

ナレッジ
知識、情報、有益な付加価値のある情報(経験から学んだ、培った知識・情報)
インフォメーション
情報、知識、伝達(見聞したことから得た知識・情報)
ノウハウ
実際的知識、技術情報、こつ(経験から習得した技術情報、工夫して編み出した知識)
 
 

いかがでしたでしょうか?
「ナレッジ」という言葉、ビジネスシーンではよく使われていますね!
段々と一般のニュースや日常会話でも聞くようになってくるでしょうから、覚えておいてくださいね♪

 

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す