こんにちは!
最近、お題を検索するよりもシャルル専用?名言集を検索する時間の方が長い Pino(ピノ)です;

Pino
ついつい~面白くて、読み込んじゃうんだよねー

シャルル
本末転倒だな。3倍速で読め!

さて、今回のお題は「オマージュ」です。
「この作品は〇〇をオマージュして作られた」など、よく見たり聞いたりする馴染のある言葉ですが…なんとなく分かったつもりで聞き流している方も多いのではないでしょうか?
似た意味で使われるトリビュートインスパイアも一緒にみてゆきますので、早速いってみましょう!

オマージュの意味は?

 

オマージュ(hommage:仏 /homage:英)
① 尊敬の気持ちを表したもの。敬意。
② ほめたたえるもの。賛辞。献辞。

オマージュ(仏: hommage)は、芸術や文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語である。
しばしば「リスペクト」(尊敬、敬意)と同義に用いられる。ただしフランス語として使う場合は他の単語と組み合わせて「尊敬を込めた作品」の意味で使われることが多く、hommageだけでは「尊敬、敬意」の意味だけになる。

オマージュの使い方と使用例は?

例) この作品の中には過去の名作映画へのオマージュが散りばめられています。

これは作品の中に、名作映画に対するオマージュ=「尊敬、賛辞」に溢れているシーン、セリフ、登場人物等が各所に出てくるという意味ですね。
すなわち、ここでのオマージュとは?⇒ 大好きな作品を敬い、憧れる気持ちから、その作品に似た作風、雰囲気やシーンを作品の中に投影して作り出すことと言えるでしょう。

ちなみに・・・オマージュの同義語のリスペクトも「尊敬」「敬意」と訳されますが使われ方が少し異なります。
オマージュがその作品全体を対象にするのに対し、リスペクト個人を対象に使われます。

例えば、「スターウォーズ」には「黒澤明監督作品」をオマージュしたシーンがいくつもあるのは有名な話ですね。
特に「エピソード4」の最後の場面は「隠し砦の三悪人」のラストのオマージュと云われています。
それらを踏まえて、例文に当てはめてみると・・・

スターウォーズの最後のシーンは「隠し砦の三悪人」のラストのオマージュであり、ジョージ・ルーカス監督の黒澤明監督に対するリスペクトである。
――のような感じでしょうか?

オマージュ、リスペクトは同じ「尊敬」の意味を持ちますが、使う「対象」によって使い分けをしましょう。
 

Pino
なるほどね~オマージュって、似たようなキャラクター(登場人物)とかもアリなのね。

シャルル
好きなキャラクターを参考にして役を作ったり、同じようなセリフを言わせたり…名前を微妙に変えて使う例もあるな。

Pino
あ、それ知ってる!今人気の「安室透」とかでしょ?あれはコナン原作者のガンダム作品へのオマージュってワケね~

シャルル
私も「赤井秀一」として出ている。

Pino
や!それ、アンタじゃないし!!

オマージュの類語は?

オマージュと似ている言葉、トリビュートインスパアは、どのような違いがあるのでしょうか?

トリビュート(tribute:英)

感謝、賞賛、尊敬などの気持ちを表すしるし。賛辞。捧げ物。
「尊敬、賛辞」という同義語ではありますが、オマージュとの違いは「賞賛、感謝の証として捧げる、捧げ物」という意味があること。
私達が最もこのワードに触れるのは「トリビュートアルバム」や「トリビュートコンサート」や「トリビュート作品」ではないでしょうか?
これらは特定のアーティスト、バンド等への賞賛として捧げられるもの(トリビュートアルバム、トリビュート作品集)、または賛辞、感謝、尊敬の気持ちを込めて演奏(トリビュートライブ)、パフォーマンスをする人(トリビュートアクト)という形で使われます。

インスパイア(inspire:英)

①活力となるような思想・感情などを人の心に吹き込むこと。鼓吹。鼓舞。
②霊感を与えること。着想の元となること。

使い方としては「~にインスパイアされて」と受動態で使うことが多いのが特徴です。

オマージュは「尊敬、賛辞」の気持ちから、その作品と似た作風やシーン、セリフなどを取り入れて作品を創り上げてゆく(元の作品が分かる、彷彿とさせる)のに対し、インスパイアは特に作風やシーンを模倣しても、しなくとも、単純に「影響を受けた、着想元となった」という意味で使われます。
 

Pino
ちょっと、思いついたんだけど。オマージュの類語って「パロディ」も入れていいんじゃないかな?

シャルル
類語と捉える説もあるかもしれないが、決定的に違うのは、作品に対する扱い方の違いだな。

Pino
どういうこと?

シャルル
オマージュは「尊敬、賛辞」を元にして作品を崇拝して扱うが、パロディは元の作品を「風刺」したり「滑稽」にすることにより、笑いを誘う傾向がある。

Pino
なるほどね。今回はオマージュの「尊敬、賛辞」の意味合いの類語ってことね!

まとめ

オマージュの意味は?

①尊敬の気持ちを表したもの。敬意。
② ほめたたえるもの。賛辞。献辞。

使い方・使用例

「オマージュが散りばめられている」
大好きな作品を敬い、憧れる気持ちから、その作品に似た作風、雰囲気やシーンを作品の中に投影して作り出すこと。それらが各所に出てくること。

同義語のリスペクトとの違い

オマージュ作品全体を対象に使われる「尊敬・敬意」
リスペクト個人を対象に使われる「尊敬・敬意」

オマージュの類語は?

トリビュート感謝、賞賛、尊敬などの気持ちを表すしるし。賛辞。捧げ物。
インスパイア活力となるような思想・感情などを人の心に吹き込むこと。着想の元となること。
 
 

いかがでしたか?
映画や漫画のオマージュ作品、いろいろ~探し始めるとヤミつきになりそうですね!←私だけかw
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す