2020年の夏アニメに『THE GOD OF HIGH SCHOOL』が入ってきました!

このTHE GOD OF HIGH SCHOOL(ゴッド・オブ・ハイスクール 略称:GOH)は、韓国のWebコミックサイトWebtoonにて人気連載中の同名マンガが原作。

原作は現在までに8か国語で翻訳され、全世界累計閲覧数が38億回を突破する超人気作品です。

その原作を米国クランチロール社(日本のアニメ・ドラマ・漫画コンテンツの配信サービス)が企画・製作するオリジナルアニメ作品です。

「ゴッド・オブ・ハイスクール」日本放映情報

  • 放映開始
  • 2020年7月6日(月)

  • 放映局
  • TOKYO MX24:00~
    AT-X23:30~
    (リピート放送アリ⇒ 毎週(水)15:30/毎週(土)7:30)

日本放映と同時に韓国をはじめ全世界向けに配信の予定。

韓国の原作コミックが米国の配信会社によって企画、日本でアニメ化されるという・・・まさにグローバル・アニメ作品ですね!

今回はそんな話題のTHE GOD OF HIGH SCHOOL(ゴッド・オブ・ハイスクール)についてご紹介してゆきましょう☆

\とにかく『GOH』が早く観たい!/
という方はコチラから☆

↓  ↓  ↓

U-NEXTで「無料おためし」してみる

「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません

「ゴッド・オブ・ハイスクール」の無料見逃し配信動画はある?

無料で見ることができる動画サイトは?b9、アニポは大丈夫?

無料で動画視聴ができるサイト・・・というと、アニメならばyoutube・anitube・アニポ・b9など思い浮かべる方も多いかと思います。

私が調べたところ『THE GOD OF HIGH SCHOOL(ゴッド・オブ・ハイスクール)』関連の動画はYou tubeに公式のwarnerbrosanimeがPV等を載せています。

↑第2弾PVもカッコイイですね~
バトルアクションの作画の凄さよ!!
企画側が「このバトルマンガのアニメ化を依頼するのはMAPPAしかいない
と指定してきたのも頷けます☆
 
放映を見逃した時、このYou tubeや他の動画サイトでファンの方が放送話をアップロードしている動画が、たまにありますよね。

公式ではないサイト、特に海外サイトなどは「違法アップロード」の可能性が高いこともあり、オススメしません。

「無料動画」をうたっているサイトには、以下のような危険性があると云われています。↓

✖危険✖

  • クリックorダウンロードでウイルス感染
  • クリックしたら怪しいサイトに強制ジャンプ

無料で観たいがために、危険をおかして

違法動画視聴ウイルス感染PCデータ破損及び個人情報流失

最悪はメールやSNSで繋がっている友人・知人のPC・デバイスまでも被害が及ぶかもしれません!

Pino
一度、無料動画をクリックしたら~他のサイトに飛ばされて・・・ビックリして閉じちゃったよ!!

シャルル
認めたくないものだな・・・無料(タダ)ゆえの過ちというものを

「ゴッド・オブ・ハイスクール」を安心して無料視聴できるサイトは?

前項でご案内したように「無料で見れる動画サイト」には不審なモノも多いので本当に要注意です。

じゃあ、安心して見れるサイトってあるの?

やはり・・・
身元がしっかりしている大手の「動画配信サービス(VOD)」での視聴が安心・確実です。

公式サイトの動画配信情報「ON AIR」より↓

定額制見放題サービス

  • ABEMAビデオ
  • dアニメストア
  • U-NEXT
  • アニメ放題

都度課金視聴サービス

  • ひかりTV
  • J:COM オン デマンド
  • TELASA
  • TSUTAYA TV
  • Google Play™
  • Rakuten TV
  • Amazon Prime Video
  • ビデオ・マーケット
  • DMM動画
  • Music.jp
  • GYAO! Store
  • クランクインビデオ
  • バンダイチャンネル

さすが!人気作品だけにたくさんの動画配信サービスが出そろいましたね☆

定額制見放題」というのは登録加入(毎月定額払い)すれば、課金しなてくも(お金をその度に払わなくて)OK!
都度課金」は反対に見る時に、その都度お金を払うというサービスですね。

ちなみに…
「定額見放題」のU-NEXT(7/7~配信開始予定)やdアニメストアは初回登録であれば「無料トライアル」で約1ヶ月無料で視聴できるサービスがありますので、それを利用して見ることもできますね!

「ゴッド・オブ・ハイスクール」が視聴できるオススメVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

u-next

 

 

 

 

U-NEXT「31日間無料体験」

視聴方法「31日間無料体験」登録
登録方法U-NEXTサイトの「無料体験登録」から
※無料体験終了後は自動的に入会(月額1990円+税)
31日前に退会処理すれば、料金は引かれません。
内  容31日間無料視聴(見放題作品9万本以上)
600ポイントプレゼント(600円相当:無料期間中使用可)
おすすめポイント4台まで同時視聴可 ダウンロード可
600ポイントで新作品レンタル可

dアニメストア

d_anime

 

dアニメストア

視聴方法「31日間無料体験」dアカウント登録
登録方法31日間無料!【dアニメストア】

※無料体験終了後は自動的に入会(月額400円+税)
31日前に退会処理すれば料金は引かれません。
内  容31日間無料視聴
おすすめポイント3500作品以上
ダウンロード可

またGOHの配信開始日は動画配信サービスによって異なります。
各公式サイトでご確認くださいね。
 
この機会に↑ VODの「無料おためし」を体験してみて、
もしそのサービスを気に入ったら・・・そのまま解除せずに使い続けるのもOKですよね☆

逆に使ってみて、このサービスへの加入は「ちょっと保留に・・・」という方は、

無料おためし期間が経過する前それぞれのサイトから解約処理を行ってください。

解約を忘れると自動で翌月分が引き落としされますので

  • 「無料おためし」開始日~終了日の確認
  • 登録情報(アカウント名やパスワード)

は忘れずにメモしておいてくださいね!

「解約」も「登録」と同じく簡単に処理できます

 

U-NEXTの体験レポ内に「解約の手続方法」も記載していますのでチェックしてみてくださいね!

↓  ↓  ↓

アニメ「THE GOD OF HIGH SCHOOL」あらすじ

自称最強の高校生「ジン・モリ」。
彼の人生は、最強の高校生を決める大会、「ゴッドオブハイスクール」に招待されることで一変する。
優勝すればどんな願いも叶えられるという・・・それぞれの願いを胸に出場する強敵手たち。闘いの果てに待ち受けるものとは?ハンパない高校生たちのハチャメチャバトル開幕!!
GOH公式サイトより

アニメ「THE GOD OF HIGH SCHOOL」スタッフ&キャスト

製作スタッフ

原作:Yongje Park(LINE マンガ連載)
監督:朴性厚
シリーズ構成:吉村清子 ※吉はつちよし
キャラクターデザイン:秋田 学
美術監督:岩谷邦子/西口早智子
音楽:桶狭間ありさ
音響監督:小泉紀介
アニメーション制作:MAPPA
製作:Crunchyroll Production

アニメーション制作会社MAPPAとは?

これぞMAPPA!!というPVですね~楽曲もカッコイイ☆
さすが「バトルアクション」に定評のあるアニメ制作会社。

数々の人気作品を発表していて日本国内のファンのみならず、世界的にも有名なスタジオです。

MAPPA代表作品

  • 坂道のアポロン
  • うしおととら
  • ユーリ!!! on ICE
  • いぬやしき
  • BANANA FISH
  • どろろ
  • さらざんまい
  • ドロヘドロ

そうそうたる名作品が並んでますね!

春アニメでは「LISTENERS リスナーズ」が放映されてましたね。
秋には話題の「呪術廻戦」を、また時期未定ではありますが「進撃の巨人 The Final Season」も手がける売れっ子アニメ制作会社です。

MAPPA公式さんが面白いツイートをしてくれてますので↓どうぞ☆
これぞ!アニメーション!!って醍醐味を味わえますよ♪

キャスト

ジン・モリ:橘龍丸
ハン・デイ:熊谷健太郎
ユ・ミラ:大橋彩香
パク・ムジン:浪川大輔
カン・マンソク:杉田智和
ペク・スンチョル:内田夕夜
マ・ミソン:甲斐田裕子
パク・イルピョ:内山昂輝
ジェガル・テク:津田健次郎
審判員 O:甲斐田ゆき
審判員 P:田野アサミ
審判員 Q:浜田賢二
審判員 R:小林親弘
実況 T:関智一

これまた豪華な声優陣ですね~!
PV第1弾で声が付いていたにもかかわらず、キャストに載っていなかった4名も追加されました!

↓PV公開された6/24時点で速攻予測しましたけどね!↓

Pino
↑のPVでピンときた声優さんを追加してみたヨ!!
パク・イルピョ:内山昂輝さん←確信!!
ジェガル・テク:津田健次郎さん?

シャルル
Pinoのカンが当たっていたら・・・ニュータイプの可能性もあるな!

・・・いや、ナイでしょw


やったー!全問正解!!(いや、2人だけだけど;)
ジェガル・テク役のツダケン(津田健次郎)が難しかったなー
だって…「きーさまぁ・・・」←たぶん;
という唸り声?しか聞けなかったんだもん…;

でも、ツダケンファンのツイッターアカウントでは
いたよね?津田さんの声したよね!?
って盛り上がってて…さすがだ!!と思いました。笑

この顔ぶれを見るだけでも・・・ワクワクしちゃいますね♪
まだまだ、豪華な声優さんも追加されそうです!

次回が待ち遠しい「THE GOD OF HIGH SCHOOL」です☆

GOH アニメ放送開始直前スペシャル生配信

↑6/28に生配信をした特別番組You tubeで視聴できます!

主要3名の声優さん達の愉快な進行と共に、いろいろ貴重な話も聞けます♪

1時間以上ありますが途中原作者、スタッフの皆さんのコメントやクリエイターの現場の様子も見れます!
OPのKSUKE氏やEDのCIXのメンバーのコメントもありますヨ☆

そして・・・なんと!第1話の1パート、主役3人が出会うシーンも見れます!!

これが~もう、スゴかったです!
え?AKIRA?ええ?カリ城!?
(すみません…歳がバレるラインナップw)

わかる方にはワカル!?
ちょっとブッ飛んだプロローグなんですよー!!
いや~面白かった!もう初回放映が待ちきれない!!

お時間ある方、ぜひぜひ!
初回第1話の予習にどうぞー☆

「ゴッド・オブ・ハイスクール」各話あらすじ&感想(ネタバレ有)

第1話「set up/stand up」


とあるリゾートアイランドでリラックスしている3人の男たち。
そのうちの1人は話していた男との交渉は決裂した様子で電話を切ります。
そして、よからぬ企みをする彼らを襲ったのは・・・自然災害!?

プロローグは交渉決裂した敵を消去した男、その掌の文様「クロス(十字)」のシーンから始まります。

自分で壊してしまった目覚まし時計のせいで「ゴッド・オブ・ハイスクール」予選に遅刻しそうなジン・モリ。
チャリであわてて飛び出し、街を暴走中に、ひったくりにあったおばあさんに遭遇します。

犯人のバイクを猛全とチャリで追いかけるモリ←マヂか!?
車間をすり抜け、トラックの荷台を追い越し、おそろしい程の身体能力でバイクを追い詰めますが・・・途中で学生服姿の少女を轢いてしまいます!笑

顔を轢かれたミラ(大丈夫なのか!?)は激怒してモリを追いかけますが、事情を理解して犯人の捕獲に協力します。

バイクを追い詰める2人。
犯人は破れかぶれにバッグの中のお金をまき散らし・・・モリが収拾するかわりに、ミラが月光剣の技で飛び上がり・・・そのまま道路標識へ激突(大丈夫・・・じゃない!??)

あわや、逃げ切れるかと思った犯人ですが、そのヘルメットに叩き込まれた拳により吹っ飛びます。

モリ、ミラを助けたデイの3人はいずれも「ゴッド・オブ・ハイスクール」の招待選手。
場所は予選会場のアリーナに移り、戦いの場に入場した彼らを待ち受けていたのは・・・し烈極まるバトルロワイアルでした。

第1話の感想

いや~想像以上の「動き」でした!!

これでも前もって覚悟?はしていたのですが・・・だってあの「MAPPA」ですからね!!

しかーし、この肉や骨が砕けそうな程のリアルなバトルアクションがアニメでここまで表現されようとは。
正直、驚きでした!すごいや!MAPPA☆

それにしても・・・冒頭のチャリとバイクのチェイスが最高でしたね~!!

あんなにクールにコミカルに動かせるなんて!
ちょっと年代が遡りますが;
名作AKIRAカリ城、いや・・・ルパンのTVシリーズの宮崎駿氏担当回並みの神作画でした!!

うまく表現できませんが~ただ「ぬるぬる」動くのじゃなくて、コミカルで引きがあるんですよね!
キャラの崩れたデフォルメも素晴らしく(ちょっと金田チックでさえあるw)息子と大笑いして見てしまいました。

でも一番笑えたのが・・・ミラが道路標識に顔面衝突した時かな!!

ここまでメインヒロインを雑に扱うアニメ、そうそうないと思いますヨw

いやー面白かった!久しぶりにワクワク止まらなかった!!
次回が楽しみすぎて~1週間も待てません☆

第2話「renewal/soul」


『GOH(ゴッド・オブ・ハイスクール)』最初の一次予選をクリアしたモリ・ミラ・デイの3人は帰り道の方向が偶然にも一緒になります。

それぞれのGOHに参加する理由、モリは「強いやつと戦いたい」デイは「金が欲しい」そしてミラは・・・実家道場に伝わる月光剣法を引き継いでゆくために強い後継者を探すこと、などを打ち明けます。

そんな彼らが橋の上を通りかかった時、モリがミラの大事にしていた刀を川に落としてしまいます。
靴を脱ぎ、膝まで水に浸かって川底を探すミラ。
その隣には平手打ちを食らったジンが・・・そしてバイト先から強力ライトを借りてきたデイも加勢するのでした。

なんとなくお互いの距離が縮まった3人は次の予選トーナメントでも顔を合わせます。
大勢の観客が見守る中、あの監獄から出て来たカン・マンソクと太極拳の遣い手であるコ・カンドとの試合がリングの上で始まるのでした。

両手を拘束されたままのカン・マンソクでしたが、優勝候補の前評判どおりの強さを見せつけ、コ・カンドを叩きのめし腕を折りにかかります。
その凄惨なテコンドーの戦い方に観客が顔をそむけた時・・・

「やっぱり、おまえのテコンドー、嫌いだわ」

と、突如現れたモリがカン・マンソクからコ・カンドを救い出します。
が、ルール違反をした彼は4人の審判に囲まれてしまい…

その時、見境の無くなったカン・マンソクは審判もろともモリを攻撃しようとしますが、謎の力によって吹き飛ばされ・・・その力の張本人がゆっくりと会場に姿を現します。
━━それは本大会の総責任者、パク・ムジン。

彼はルール違反者のモリの処分と本予選トーナメントの試合続行を宣言したのでした。

第2話の感想

前半はモリ、ミラ、デイの3人が少しずつ近づいてくるエピソード。

それぞれの人柄が分かる台詞、行動で良い運びだったと思います。
川で刀を探すシーンも「見つける」までいかずに、あっさりと〆たのも私的には〇

後半パートのバトルシーンは圧倒的な作画力!

でも、ちょっと迫力ありすぎて・・・カン・マンソクの「容赦ないテコンドー」がコ・カンドをぶちのめすシーンは、見ていてい辛かった…;

観客と同じ気持ちで・・・ヒーローのように?リングに上がってきたモリに「よーし!やったれ!!」と応援してました♪

しかし、いきなりのルール違反で一発出場停止なんかになったら~主人公不在アニメになっちゃう!2話目で?笑
まあ、そんなことにはならんだろうと・・・「処分は後で通知」なんでしょうね、パク・ムジン委員長w

今後のモリの暴走っぷりにもヒヤヒヤさせられそうですね^^

第3話「withdom/kingdom」


某所でとり行われているミサのような集会
黒装束のフードをかぶった謎の集団
彼らの願いを叶える「鍵」とは・・・?

場面はGOHの地区予選会場
今日の第1試合は月光剣のミラとWWD全米女子プロレス王者マ・ミソンとの試合

ミソンの自称「鉄より硬い肉体」と破壊的なパワーにミラの剣は弾き飛ばされ場外へ。
素手でミソンと対峙するミラは苦戦を強いられます。

その頃、別室では審判員達がジン・モリの処分について話し合っていました。
マンソクとコ・カンドとの対戦に乱入したことでルール上、出場失格は避けられない事態に。

しかし、モリの書類を見ていたパク・ムジンは彼の祖父ジン・テジンの名前を見つけ…執行委員Qとの戦いにモリが勝てば大会に復帰できる、と条件付きの提案をするのでした。

ミソンとの戦いを月光剣法で制したミラ。
一方、ペク・スンチョルとの対戦となったデイは「知力と暴力」を併せ持つ彼の分析力に苦戦します。
内臓まで到達する打撃に倒れそうになった時、デイの脳裏に浮かんだのは病と闘う親友の姿。
「負けるわけにはいかない」
極真空手の3つの形でスンチョルをリングに沈め、次の戦いへと勝ち残るデイでした。

明日の執行委員Qとの戦いを前にパク・ムジンからもらった果物を食べたモリは・・・その夜、吐血して倒れてしまいます。

当日の試合時間になっても姿を現さないモリ。
ミラやデイが心配し始めたところに現れた彼は、試合開始のゴングと共にQをリングに倒してしまいます。

唖然とするQ、ブーイングの観客たち。
しかし、その後も連続して攻撃を受けて吹っ飛ばされたQは、ブチ切れてジョーカーを召喚し、モリを捕獲。
あわや、その首をジョーカーが鎌で落とす寸前に、ほかの執行委員たちに取り押さえられます。

リングに上がってきたパク・ムジンは倒れているモリの姿を見て、彼が「ジン・テジンの孫」と確信するのでした。

第3話の感想

冒頭から何やら謎のオカルト集団が!?
やはり、単純明快なバトルアクション物ではないのか・・・

まあ、GOH主催のパク・ムジンからして既にめっちゃ怪しいですけどね!笑
それにしても・・・願いを叶える「鍵」とは?

GOHの地区予選大会はいきなりミラとマ・ミソンの試合です!
そうそう、あのチューインガムにホットパンツ姿のセクシーアメリカンですね^^
あの艶っぽいCV:甲斐田ボイスで「私の身体は鉄よりタフよ」
なーんて言われた日にゃ、リングに沈みますよね!←誰がw

この試合中にミラは肝心の月光剣を場外に弾かれてしまいますが・・・なんと!素手で戦っても月光剣法が使えるのか!?
っていうか・・・もはや「剣法」ではなく「拳法」では?笑

デイのGOH出場の目的となる親友も出てきましたね。
モリに似てる…というと、めっちゃ強くてヘンなやつということでOK?

終盤の執行委員Qがスタンドもどきを出してきたのが笑えましたね~こういう戦い方もアリ!?

━━まあ、武器はなんでもアリ、ってことなので。
これからの戦い方の展開も興味深いところです!

第3話もアクション作画レベルも落ちることなく絶好調で飛ばしてますね~MAPPA!
次回も楽しみなGOHです♪

第4話「marriage/bonds」


地区予選トーナメント、ベスト4に残ったモリ、ミラとデイの3人。
まずはミラとデイの準決勝試合が予定される中、格闘家であり実業家でもあるオ・ソンジンがミラの前に現れ、突然のプロポーズをします。

傾いた道場経営の支援と月光剣法を世界に普及させる、という申し出にプロポーズを承諾するミラでしたが…結婚することで大会を辞退することに。

そんなミラの態度に異変を感じたモリはソンジンの情報を調べ始めます。

亡くなった兄の娘(ミラ)を引き取って育てた叔父は考えた末に、婚約者ソンジンに今回の結婚は無かったことにして欲しい、と申し出ますが・・・ミラは月光剣法のためにソンジンの名声を利用することを選びます。

ミラの妹から真実を聞き出したモリは会場に入ろうとしますが、セキュリティに止められてしまいますが・・・そこへ加勢に現れたデイと共に式場の中へ乗り込みます。

ジンがソンジンと対峙している間に、ミラの夢、本当にやりたかったことを問いかけるモリ。

夢なんて自分の力で掴まなきゃ意味ないだろ

彼女の脳裏には父亡き後の様々な苦労がよぎり・・・「何も知らないくせに」とモリに殴りかかりますが、その強烈な拳を頬に受けたのは・・・ミラを育てた叔父さんでした。

もういいんだ、兄さんもこんなことは望んでいない、という叔父の言葉に困惑するミラ。

道場再建のため、月光剣法のためと一途に思ってきた彼女には、どうすればよいのか分からなくなっていました。
そんなミラに、難しかぁねえさ「好きにやれよ」と声をかけるモリ。

自らの技をもって
自らの思うとおりに成す。

想い出した亡父の言葉に、我に返ったミラはソンジンに結婚を取りやめることを告げますが…彼の本来の目的は「月光剣を手に入れること」
彼の反撃で腹部に傷を負いながらも・・・剣法六の型で撃退するミラでした。
 
そんな騒動の後、デイの親友の病状は悪化し、危篤状態に。
精神的に追い詰められたデイは、いつもなら相手にしないチンピラ共をブチのめしてしまい…

━━そして
準決勝で対戦したミラをも・・・容赦なくリングに倒してしまうのでした。

通路で待っていたモリに一言
「決勝戦で会おう」
と言い残し、デイは会場を後にするのでした。

第4話感想

いや~なんだか急展開の回でしたね!

前半のミラの結婚騒動・・・
まあ、予想された展開?だったのですが、どうもソンジンはあの怪しいフードの教団の一員らしく。
「神をも制する聖なる剣」と「それを操る聖なる手」が気になりますね~

━━というか。
あの「月光剣」をあんなにあっさり、くれてやって良いものでしょうかね?
モリが川底に落とした時…あんなに必死に探してたよね?

映画のような結婚式場への乗り込みから(押しただけw)モリの名台詞がいくつも飛び出しましたよね!

今まで「月光剣」に縛られていたミラを解き放ったモリと亡父のセリフ。
そっかー!それゆえ・・・彼女は月光剣を手放したのかもしれませんね。

エンドパート、デイのターンになってからは辛い展開に。
いつも寡黙で耐えているデイが・・・

次回はモリの準決勝戦でしょうか?
アクションやギャグだけでなく、シリアスも見せてくれるGOHです。

第5話「ronde/hound」


前回の対ミラ戦、様子のおかしかったデイ。
ミラの見舞いに来ていたジンは、彼女の腹部の傷を狙った彼の戦いぶりを「絶対にゆるさねぇ」と憤るのでした。

一方、デイの回想シーンではケンカ友達だったスンテとの日々が思い起こされます。

それまでは、つるんでいた悪い仲間達を信用せず、都合の良い時だけ利用するスタンスだったデイ。
そんな彼に「友達は信用した分、自分に返ってくる」とスンテは笑顔で言うのでした。

その彼は危篤は脱しましたが、以前危険な状態が続いています。
最先端医療の「ナノ治療」を親友に施すためにGOHでの優勝を狙う彼は、自分のすべての感情を殺して戦いに挑むのでした。

準決勝の相手をのしたジンは決勝にすすみ、リング上でデイと対峙します。

お互いの容赦ない打撃、蹴りの連続技は観客はもちろんのこと、審判員達も注目していました。

その時、病院から親友スンテが息を引き取ったと連絡が入り・・・それをリング上のデイに伝えるパク・ムジン。
放心したデイは戦う意味を失って・・・劣勢になった彼に観客も、そして対戦中のジンも異変を感じるのでした。

その時、病院で偶然スンテの臨終に居合わせたミラが1枚の手紙をデイに手渡します。
そこには・・・自分の治療のために戦っている彼に、これからは「自分のために戦ってくれ」と書き遺してありました。

試合に戻ったデイは思う存分「自分の戦い」を楽しみます。
それに気づいたジンも自分のオリジナル・テコンドーの技を披露し、ふたりは白熱した決勝戦バトルを繰り広げるのでした。

結果、辛くもジンが優勝を決め・・・倒れている敗者デイに手を差し伸べます。
そこへミラも加わって、3人は肩を組みながらリングを後にするのでした。

後日、スンテの墓所を訪れたデイ。
彼の手紙の追記には「おまえにオレ以外の友達がいないんじゃないかと心配してる」と書いてあったのですが・・・

それを想い出し、ちょっと笑ったデイは、じゃあな、とガラス扉を閉じて墓所を後にします。
そのガラス扉に貼ってあったのは・・・肩を組んだジン、ミラ、デイの写真。

彼ら3人の下にはあったのは

ひとりじゃねーよ…ハハ

というデイの走り書きでした。

第5話感想

公式ツイッターでも「今回は前半の山場!」とツイートされていたとおり、見どころ満載の回でしたね!

前話の後半、親友スンテが危篤になってからのデイは荒れに荒れて・・・見るのも辛いほど;

デイとスンテとの出会いからの回想シーンでその理由を回収、そしてそのままジンとの決勝戦に持ち込みます!
前半はどちらも「力でねじ伏せる」戦いを繰り広げましたが・・・
ミラからの伝言の後、ようやく「戦いを楽しむ」デイとジンを見ることができました!

重い鎖から解き放たれたデイの、これからの戦いぶりが楽しみですね。
そしてその両脇を支える「バカ」のふたり…笑

デイの台詞「バカ共には勝てないな」は本当に頷けるものがありますね!

もし、まだ未見の方がいらしたら・・・EDで切っちゃダメですよ!

あらすじでネタバレしてますが・・・
EDの後のデイの吹っ切れた表情が最高です!
もちろん、写真の3人もねw

第6話「fear/SIX」


GOH全国大会は各地区予選の上位3名をチームとした対抗トーナメント形式になることが判明。
ソウル地区大会の3位決定戦で見事勝利を収めたミラは、1位のモリ、2位のデイと共に全国大会への出場を決めました。

一方、大会運営側ではパク・ムジンが3人1組のチーム戦の意図を執行委員たちに伝えます。
多感な年代の情感を利用して最大の力を引き出し、全ては『鍵』の資質を持つ者を探すため――

同じくその鍵を求める謎の集団「ノックス」に対抗すべく、ムジンは各界に絶大な力を持つ「THE SIX」を召喚することに。

その頃、買い物をしていたミラは偶然、大会実況のTと出会います。
白い杖を持って行動するTの視覚が不自由であることに気づいたミラ。
それを見透かしたかのように「この目は月光剣法にやられた」というTはミラに戦い方のアドバイスを与えるのでした。

各地区の上位3人も決定し、全国各地から3人1組のチームが出場することになり、個性豊かな出場者が集まり始めます。

その華やかなGOH全国大会の裏で動き始める「ノックス」
彼らの刺客が次々と運営陣を襲撃してゆくのですが…

第6話感想

最終回のような前話から、一気にストーリーが進み始めた今話。
全国から集まる個性的な出場者、顔&声出ししてきましたね♪

いや、何がビックリって・・・↑パク・イルピョの顔が可愛いすぎーー!?
放送前のPVやOPはフードを目深にかぶって、鼻と口元しか見えない「不気味感100%」のキャラだったのに・・・なんの「罠」ですか!??
これにCV:内山昂輝って・・・ぜったい何かあるだろw

すみません、あまりの衝撃に~ちょっと視点がブレブレになっちゃいましたが!笑

冒頭からノックスとモリのじっちゃんの対決と怪しい展開で始まったけど…
その後も出てくる出てくる!超人なじいさん達?「THE SIX」の面々がカードで次々召喚?
━━え、こういう話?

てんこもりな「謎」を抱えたまま~次回から早速、戦いが始まります!
とりあえず・・・MAPPA作画の勢いに引きずられてついてゆきたいと思います☆

第7話「anima/force」


いよいよ全国大会の第1試合が始まります。
3×3で戦う最初の先鋒はモリ。
THE SIXのボンチムから授かった秘孔を自ら突き、パワーアップを計ったモリでしたが・・・何故か体を動かせず、あっさり負けてしまいます。

次鋒戦では大会最年長38歳、土方流を遣うプングァンとデイが対戦。
土方で鍛えたパワフルな攻撃にデイは終始圧倒されてしまいますが…

一方、ノックスの一員であるドレイクの襲撃に遭い痛手を負う執行委員Q。
リミッターバンドを解除し、Qは神から借り受けた力「借力」を使って『ジョーカー』を具現化させます。

ドレイクの両腕を切り落とし、追い詰めたところへ・・・新たな敵、レノックスの神父とシスターが襲撃してきます。
Qが劣勢に転じるか、という間際に援護に入ったのは同じ審判員のP。
彼のリミッター解除を感知して助けに来てくれたのでした。

次鋒戦のデイが辛くも勝利し、大将戦のミラへと引き継ぎます。
同じ剣での戦いとなった相手はミラの剣技に押されて・・・ついには借力を使いはじめ…
しかし、リングの外では呑気にデイのサンドイッチを頬張るモリ。
ナースがミラのことを心配しないのか?と尋ねると2人は笑って答えます。
「あいつの目が大丈夫だって言ってるからな」
「心配なんかしてたら、あとでドヤされる」
お互いを信頼し合うチームになりつつある3人。

ミラは実況Tにもらったアドバイスを思い出し、借力の攻撃にも冷静に対応し勝利を収めます。

死闘を繰り広げていた審判員の2人も圧倒的な強さで刺客達を追い込み、傷を負ったレノックス2人は命からがら窓から脱出。
残されたドレイクの嘲笑が聞こえたと思いきや・・・彼の身体が膨張し爆発を起こし・・・ビルの階上が吹き飛んでしまいます。

場面はGOHの大会会場に移り、次の第2試合、先鋒を圧倒的な強さでリングに沈めたシュガル・テクは次鋒もリングに倒し踏みつけます。

モリがまた救出のために戦いに飛び込むのではないかと心配したミラでしたが、モリの指さす先にはシュガル・テクと対峙するデイの姿が…

第7話感想

いよいよ全国大会戦に入り、OPも一部キャラクターが入れ替わってきました!
それぞれの選手の戦いぶりが見れて~ワクワクします!いやーアップテンポの曲にマッチした疾走感がたまらない☆

急襲された審判Qは・・・やはり、こんなところで死ぬことはないですね!
ここは審判員達の借力のパワーを印象付ける回でしょうかw

あの戦いを目の当たりにすると・・・GOHの本大会がチープに見えてきて困るな…笑

それにしても・・・レノックスの奴らがヤバすぎます。
おそよ、らしからぬ風貌の神父ピー音で台詞が全然聞こえないシスター、って何なん?

あんなバケモン級の奴らとモリやデイ、ミラも戦わなければいけないのか・・・?
本戦と裏で進行する危ない奴らの動向。
おまけに・・・じっちゃんの腕?どこかへ連れ去られたジン・テジンはどこへ?

第8話「close/friend」


大会の「鍵」候補の一人と言われる実力者パク・イルピョが率いるチームはグイム・ギのチームと対戦します。
開始早々、先鋒が負けてしまった第1試合でしたが、次の中堅戦で戦う従姉妹のスンアにイルピョは策を与えます。

相手の懐に入り効果的な一撃を「けれど、鍛えている処ではダメだ・・・」
彼が指示したのは相手の「あご」
スンアの蹴上が見事に決まり、敵をKOします。

大将戦はそのイルピョと借力『切り裂きジャック』を操るグイム・ギ。
しかし、イルピョは借力を使わずに古臭い武術と称される『テッキョン』のみで対抗します。

ジャックに切り裂かれたかと思いきや、イルピョの姿はグイム・ギの背後に・・・渾身の一撃で相手を下し、チームは勝利を収めました。

一方、モリたちのチームは、試合に乱入しジュゴクを殴ったことでデイが出場停止となってまいました。
イルピョの試合について詰るミラに対し、どこか上の空のモリ・・・どうやらイルピョの「背中」に見覚えがある様子。

その後、じっちゃんの行方について独り、公園で思いにふけるモリはファンと名乗るパク・イルピョと出会います。
握手して欲しい、と手を握り合ったその時、イルピョが手を引きざまにモリに攻撃をしかけるのでした。
後退しながら抗戦するモリが目にも止まらぬ速さで組み敷かれ、鼻ツラにはイルピョの拳が。

「なんで止めを刺さない?」
と問うモリに彼は、そっちこそ、と答えます。
イルピョの頭上をモリの足蹴りが狙っていたのでした。

失礼を詫び、自己紹介するイルピョにモリはずっと聞きたかった彼のパーカーの背中に描かれた「虎」のことを質問します。
イルピョは「これは恩人のジン・テジンの印だから」と話しだすのでした。

彼の幼少の頃の最初の記憶は「父親の葬儀」
2番目の記憶は「去ってゆく母親の後ろ姿」
そして・・・3番目の記憶は祖父の書を渡しに訪ねて来てくれたジン・テジンでした。

しかし、ふたりが話しているその場に突然の攻撃がしかけられます。
その先にはシュガル・テクの姿が…
イルピョの一喝にその場を去ったシュガル・テクを「危険な男」とモリに注意を促すのでした。

自分の非力さを痛感したモリはトレーニングに没頭します。
ランニングから帰り、シャワーを浴びたモリは部屋に飾ってある自分とじっちゃんの写真を眺め・・・今日で17歳になったよ、と語りかけるのでした。

回想したのはモリが6歳の誕生日の前日。
何者かにいつも追われているじっちゃんはモリに危険が及ばないようにと彼の元を去っていくことを決めたのでした。

誕生日を一緒に祝ってやれないことを詫び、でも・・・きっと来年は学校の友達が祝ってくれるさ、という彼に小さいモリは「友達なんかいらない」と泣きべそをかくのでした。

「友達ほどイイもんはないゾ!」
と頭をなでるじっちゃん。

そんなシーンを思い出していたモリの部屋に突然ミラとデイが入ってきて、クラッカーを鳴らします。
「お誕生日おめでとう」

きょとんとするモリにミラは手首の参加選手用のブレスにモリの誕生日の通知がでたから…と説明します。

3人は屋上に上がり、ミラ特製のキンパとデイの手によるフルコース?(デザート付)の「にわか誕生日パーティ」を開くのでした。

お腹いっぱいになった後はボールで遊び、笑い合い、疲れて寝転がる3人。

モリの脳裏にはじっちゃんの先ほどの言葉が蘇ります。
「じっちゃん…こういうことだったんだな」

ライバルでもあり、チームでもある3人はGOHの優勝を目指して誓いを新たにするのでした。

━━そして
翌日、ドアを叩く音にモリが屋上に出てみると・・・1通の封筒が。
中にはどこかの地図と一緒に・・・捉えられたジン・テジンの姿が映った写真が入っていました。

第8話感想

ちょ、待って!今回って・・・「パク・イルピョ回」でOK!?

OPのフード被ってるイメージから
「また…得体のしれないキャラの役(を演じる内山昂輝)」
と、勝手に想像していたのですが・・・

なんですか!あんなオメメくりくりの可愛いヤツは!?
それなのに・・・バトル時のあの格好よさは反則だろ!!

その上、モリのじっちゃんの親友の孫とか…
(じっちゃんがイルピョを訪ねてきた時のモリ坊の可愛さといったらw)

うーん…
でも、ちょっと腑に落ちない。イイ人すぎる。
ここは内山昂輝定番の闇落ちキャラじゃないのか・・・?←深読みしすぎw

しかし、イルピョの過去話もツラかったけど…
6歳で独りぼっちになってしまったモリが可哀そうでしたね;
今日17回目の誕生日を迎えた彼。
その間の11回の誕生日は・・・やっぱり独りで過ごしたのかな…泣

今年もまた・・・と写真のじっちゃんに話しかけていたモリのところへ、お約束とはいえあの2人が来てくれてヨカッタ!!
ミラの料理ベタは想定内でしたが・・・笑
なに!?あのデイの料理男子ぶりはーー!??
キンパのレシピ・・・思わずメモったわよ。

この3人、ライバルで仲間・・・イイ関係になってきましたね!
お互いのことを少しずつ分かってきたからこそ「深まる絆」があるのです。

━━それにしても
じっちゃんの行方が気になりすぎる。
最後の最後にあのレトロすぎる招待状?←そこ?
(地図と写真って・・・ナノ治療できる時代でしょー!?)

第9話「curse/cornered」

祖父テジンが拘束されていることを知り、監禁場所へ急ぐモリ。
事情を知らないデイとミラのふたりはモリの到着を待たずに、ミラ一人でチーム戦に出ることに。
マリンの掴みどころのない戦い方に苦戦するミラ。
追撃しようとしたミラの剣戟を防いだマリンの手に持っていたのは、ミラのかつての愛刀だった。
「国宝」と呼ばれるその木刀をマリンが構えると刀身が白く光り輝きはじめ、本当の姿と、その力を現した――。
>引用:「GOH」公式サイトより

置手紙の地図をたよりに祖父テジンを救うため、自転車をかっ飛ばすモリ。

その頃、モリを探し回っていたミラとデイの2人は審判員から「次鋒戦が始まる時点でモリがリング上に居なければ敗け」と宣告されます。
デイは前回の違反行為により出場停止になっているため、とりあえずミラ1人がリングに上がることに。

引き続きモリを探し回っていたデイはトイレで倒れている男を見つけ、助けようとしたところに黄色のボディスーツを来た少女が襲い掛かります。

応戦するデイに狂喜する少女。
そこへシュガル・テクが現れ、チームメイトである少女を促して、その場を立ち去るのでした。

一方、ある廃倉庫でじっちゃんを見つけたモリ。
しかし、その身体はダミーで突然、建物ごと爆発します。
仕掛けた犯人、フェンロンはドッペルゲンガーという技で分身を出現させ、数十人のフェンロンvsモリの戦いが始まるのでした。

その戦いの中、陥没して落下した建物の地下部に・・・今日、対峙するはずだったジェジュのメンバー3人が倒れているのを見つけたモリ。
すべてはフェンロンが仕組んだことだと悟ります。

ひとりでリングに上がり、先鋒戦に挑んだミラは相手マリンが持ち出した剣を見て驚愕します。
それは・・・ずっとミラが肌身離さず持ち歩き、共に修行を続けてきた愛刀。

相手から奪い取ったものの、その刀は忽然とミラの手の中から消え、相手の手に戻ってしまうのでした。
「本当の持ち主に戻る」

その刀に打たれてリングに倒れるミラは・・・意識が混濁している中、深い水の底へ落ちてゆきます。
どこからか聞こえる問いかけに「私は・・・強くなりたい」と願うミラ。

と、水面から、もう1人のミラの姿が降りてきて手を差し伸べるのでした。
「すべてを手に入れよ」
しっかりと、その手を握り返すミラ。

気が付くと、リング上に立っていたミラの手には白く輝く刀が握られていて、彼女は借力「呂布」の助けを借りてマリンを倒すのでした。

戦いの後、倒れこむミラの頭を受け止めたのは・・・次鋒戦出場のモリ。
「待たせちまったな」
しかし、彼の全身からは漲る怒りのパワーがほとばしり、次鋒戦の相手ナ・ハンソンを圧倒的な強さでリングに沈めるのでした。

その試合をモニタで観戦していたパク・ムジンとSIXのメンバー達。
「虎は・・・虎を育てたんじゃな」

第9話感想

まあ、次々と起きるトラブル!
鎖で縛られ、血だらけのじっちゃんの写真を見たモリは、我を忘れて自転車をかっ飛ばします。
いや・・・とりあえず、何とか2人に連絡しようよ?
てか、あの手首のブレスはモリの誕生日を告知してくれるのに、お互いに連絡とれないワケ!?笑

フェンロンって・・・レノックスの一員なんだよね?
やっぱり「鍵の覚醒」を早めたい…とかなんとか。

運営側もレノックスも「鍵」を先に手に入れたい?

今回、また気になるキャラが出てきましたねーシュガル・テクのチームメイト?
むちむちボディとそぐわないベイビーフェイス。
声はなんと!あの釘宮理恵さんでしたねー♪

「カッコイイ~💛」って無理やりデイの唇を奪うとは・・・許さんっ!!(# ゚Д゚)
しかし・・・あの効果音ズキューン!って…なんですかね?進展あるの?あの2人…笑

そして・・・いよいよ、3人の中で一番先に借力を手に入れたのはミラ。
古(いにし)えの英傑「呂布」を召喚している・・・ということでしょうか。

次はデイかな?どんな力と契約するのか・・・?楽しみです♪

第9話の推しポイント

  • デイとミラのやりとり
  • 「あんま瞬殺しないでくれると助かるな・・・」
    「考えとく!」
    ミラのいたずらっ子のような表情が最高w

  • ジン・テジンと孫のジン・モリ。2人の虎
  • どちらも墨絵タッチで格好良かったですね!!

  • パク・イルピョの心配そうなセリフ
  • 「ジン・モリくん・・・」
    推しの内山ボイスなんです、すみませんっ!!

第10話「oath/meaning」

ノックスの存在を知ったモリは大会を勝ち進み祖父のテジンを助け出すことを心に決める。
モリたちとの試合を控えたイルピョにも負けられない理由があった。
4年前、ジェガルによって足を負傷し、格闘技の道を閉ざされてしまったスンアの姉であり、イルピョの従姉のスンヨンのために非情になることを決意する。

一方、モリの襲撃に失敗したフェイロンを始末される。残虐な笑みを浮かべた人影の正体はジェガルであった…。
>引用:「GOH」公式サイトより

ノックスに謀られたとはいえソウルチームに敗けたジェジュチームは敗退、モリ、デイ、ミラは準決勝に勝ち進むことに。
GOHの大会を阻止し、モリの祖父ジン・テジンを攫って行ったノックスの存在を説明するパク・ムジンでしたが、憤るモリに「お前たちは弱い」邪魔になる、と一蹴します。

ただし…GOHで優勝すれば情報くらいは与えても良い、と付け加える彼の言葉にモリは勝ち進むことを改めて心に誓うのでした。

その次の対戦相手のパク・イルピョにも・・・負けられない理由がありました。

以前対戦したジェガルの執拗な攻撃により負傷し、格闘家としての道を閉ざされた従姉のスンヨン。
彼女の足を治すため、イルピョは戦いに非情になることを心に決めていました。

しかし・・・会場に現れた当のスンヨンは、そんな彼の心情を見通しており「あなたは、あなた自身のために闘うべきよ」と告げるのでした。

先鋒戦はデイvsスンア。
圧倒的な力の差があるこの戦いにイルピョはひとつの秘策を彼女に与えていました。

攻撃開始と共に激しく打突をくりかえす二人。
と、スンアの掌がデイの耳を直撃します。

強力な拳をくりだすデイに押され気味のスンアでしたが・・・
次の瞬間にデイの身体がぐらり、と揺らぎ膝をついていしまいます。

最初の攻撃はダメージを与えるものではない。
気を込めた掌底を叩きつけ、その衝撃で三半規管を狂わせる。
平衡感覚は乱れ・・・まともに立つこと自体困難だろうね。

イルピョの策が功を奏し、ふらつくデイ。

しかし、それさえも克服してデイは拳を打ち込んでくるのでした。
叩き飛ばされたスンアに棄権するように促すイルピョ。
「最初の打突が効かなければ…君に勝ち目はない!」

けれど、彼の制止を聞かずに再びリングへと向かうスンア。
「私は・・・格闘家だから!」

渾身の飛び蹴りを繰り出す彼女でしたが・・・デイの拳の前にリング上に落ち、先鋒戦はデイが勝利しました。

次鋒戦はモリvsイルピョの戦い。

先日、公園で手合わせした2人が念願のリング上での対決となります。

試合開始早々から目にも止まらぬ攻撃を見せる2人。

しかし、モリの打撃を的確に止め、その間に有効な打突を入れてゆくイルピョ。
圧倒的な力量の差のもと、モリは幾度となくリング上に膝をついてしまいます。

イルピョはモリの弱点を確実に見極めていました。

  • 弱点その1:接近戦に弱い
  • 弱点その2:技の予備動作が大きく、見きりやすい
  • 弱点その3:技の身体にかかる負担が大きすぎる

今の君では・・・どうあがいてもボクには勝てませんよ!

なすすべもないモリは懸命に彼に勝つ方法を考えます。

その頃、大会会場外では信じられない現象が起こっていました。

黒いローブを着たノックスの信者たちが会場前に集まり円形の陣を組み、呪詛をあげはじめました。
一方、パク・ムジンと対決していたサン・マンダグが教徒の印を浮かび上がらせ、それに共鳴して円形の陣の中から巨大な目玉が現れ、天を見上げると・・・暗い空に現れた文字の円形陣。

その陣の中に集まった暗雲が割れ、扉のように開いた中から・・・黒い人の形のようなものが降りてくるのでした。
「神・・・か?」
地上で闘っていた審判員Qが呟きます。

その様子をビルの上から見物していたのはSIXのひとりソ・ハンリャン
彼は引き連れた楽隊が奏でる音楽と共に踊り出します。
そして舞いながら手にした武器を神に向かって繰り出すのでした。

それらの攻撃は空中に浮かび上がる陣を通り抜けると巨大な4本の腕となり、神が手にした刀を取りおさえます。
そして、赤い面をつけたハンリャンの顔が伸びて陣を抜けると・・・巨大な手が取り押さえいてた刀に喰らいつき、その鋭利な牙で神の刀をかみ砕くのでした。

イルピョの封じ技に苦戦していたモリですが、ある一撃がイルピョにダメージを与えます。
その技はミラの月光剣法の「無剣」
そして続けて繰り出した拳はデイの極真空手の「玄武」

次々と自分の弱点をクリアしてゆくモリの姿に笑みを浮かべ、指導するように相手をするイルピョ。

彼の脳裏には昔訪ねてきてくれたジン・テジンの「色々と教えてやってくれ」という言葉が蘇るのでした。

最後の弱点を克服したモリのオリジナル技でリング上に倒れたイルピョは・・・意識の底で「九尾の狐」と出会います。

「ボクも・・・敗けてられないんだ」

イルピョの身体が浮き上がり、白煙の中から現れたその姿は・・・?

第10話感想

なんだかもう・・・凄い事になっていて!
いや、もうコレ最終回ですかーー!?
的な演出・作画・バトルの全てのクオリティの高さと情報量の多さに・・・いろいろ付いて行ってません。
(視聴者、大丈夫かな?皆、理解してる!??)

まだ、10話でしょ?あと3話くらい・・・あるんだよね?汗

しかし!きましたよーやはり?イルピョが・・・「鍵」として覚醒!?
私の予想通り(いや・・・闇落ちじゃなかったけど;)内山ボイスキャラが!!←そこかw

めっちゃ凄いバトルアクションと
「鋼の錬金術師」ラストを彷彿とさせる天の扉が開いてのお父様「神降臨」

とにかく言語化が難しい程の怒涛の展開の後に・・・
あのイルピョの「九尾の白狐姿」は・・・反則だろw

第10話の推しポイント

  • 肩組み仲良し3人w
  • 「俺たちで勝つんだ・・・ここにいる3人で

  • モリとイルピョのバトルシーン
  • 迫力ありながら流れるような美しい作画はMAPPAの真骨頂!!

  • ハガレン!?ばりの神降臨
  • いや・・・絶対あれ、錬成陣だよね…笑

  • 白狐イルピョの萌え耳
  • 彼が「鍵」なの!?来週が気になって眠れない~!!

第11話「lay/key」

モリとの闘いで『金毛九尾』の借力を解放させる『鍵』として目覚めたイルピョ。
モリは蒼龍風舞を放つが覚醒したイルピョはそれを難なく受け止める。
力の差は歴然としていたが、突如モリの身体から覇気が放たれる――
>引用:「GOH」公式サイトより

はるか昔、天帝の守護を任された九尾の妖狐(きゅうびのようこ)は、その絶大な力で目ざましい働きを見せます。
しかし、その力をも恐れた天帝は妖狐の処刑を命じ、そのことに怒り狂い妖狐は天界の半分を壊滅させてしまうのでした。

力を使い果たし地上へと降り立った妖狐は、天帝への復讐を誓いながら永い眠りにつくのでした…。
━━OP前のアバンより


GOHの準決勝戦、倒れたイルピョに降りてきた「借力」は九尾の白狐。
そのただならぬ様子に拳を握り直すモリは迂闊に踏み込まず、慎重に探りを入れます。

炎狐を使い、圧倒的な力で攻撃を繰り出すイルピョでしたが、技の合間にふらつき、息づかいが荒くなることも…

━━単に、よそから力を借りているワケではない。
結局は自分の心と身体で闘っている…

つまりは「自分と同じ」と考え、諦めずに立ち向かうモリ。

戦いの決着をつけようとイルピョが「百鬼夜行」を放った時、モリの手には何かが握られ・・・そしてフラッシュバックする古の戦士の姿。

天空に光り輝いていた十字の光りがだんだんと小さくなり、やがて竜巻と稲妻がリング上のモリとイルピョめがけて降りてきます。

衝撃に天へ吹き上げられるイルピョの身体を、その天から現れた巨大な手が、今度はリングへと彼を叩き落すのでした。

「九尾の狐が・・・敗けた?」

愕然とするパク・ムジンとサン・マンダグ。
倒れていた審判員を盾にされ、マンダクを逃したムジンは審判員達に用心するように連絡を入れるのでした。

場面が変わって、イルピョの病室に見舞いに来たモリ。
この戦いで「借力」に目覚めた2人でしたが・・・お互い、実のところよく理解していない様子。

テジンがどこかに捕らえられていることを話すモリに次の決勝であたるジェガル・テクは手ごわいけれど・・・君ならきっと勝てる、と励ますイルピョ。
そして「僕の方が年上だから・・・イルピョ兄さん、と呼ぼうか?」とたしなめるのでした。

その頃、借力の覇気にあてられた入院中のジョン・ジュゴクがデーモンへと変貌し、ジェガル・テクと戦いを始めます。
心配して追ってきたメイドを傷つけられ、怒りに完全に変異するジュゴク。

次々と触手で周りの者を巻きつけ、身体に取り込み始めます。
そして、イルピョの部屋に乱入してきてヒョンボクとスンアをも取り込もうとするジュゴクに対して、阻止するために攻撃をしかけるイルピョ。

しかし、割って入ってきたジェガルが借力を出現させ、ジュゴクをひとの呑みにさせてしまいます。
触手から解放されたヒョンボクとスンアでしたが、その腕と足を失ってしまい・・・

怒りに我を忘れたイルピョはジェガルに飛び掛かり、病院の窓から下へ落下してゆくのでした。

その一部始終をモニタで見ていたパク・ムジンは、ある決断を下します。

現時刻をもってゴッドオブハイスクールを終了する

第11話感想

・・・え?
ここで「GOH(大会)」終了!?

まあ、あれだけメチャクチャになってきたから仕方ない、って言うのもあるけど。
今までもあちこちでメチャクチャだったよね!?笑

このクライマックスの決勝戦前に大会自体が終了ですかー
まさかの展開にビックリしました!!

第11話の推しポイント

  • 萌え耳イルピョに鼻血を出すスンア
  • あれって・・・イルピョの萌え姿のせいでしょ!?
    「同志」という2文字が脳裏に浮かんだ女子は多いハズw

  • 借力を使ったのに・・・イマイチわかってない当人達
  • モリにしてもイルピョにしても「よくわかんないんだ」って・・・!?
    ミラの時みたいに力と契約するようなシーンがあれば分かりやすいんだけどね。

  • イルピョお兄ちゃんw
  • それまで礼儀正しく敬語でモリに接していたのに・・・最後に強要するのかw
    しぶしぶ呼んだモリの頭を撫でてあげたシーン、昔とオーバーラップしてナイスな演出でしたね♪

さあ、来週は〇ソなジェガル・テクの息の根を誰が止めてくれるのかー!?

そして・・・あの無駄にイケメンの敵役サン・マンダグは責任もってパク・ムジンが仕留めてくれるのかしらん!?

あと2話(泣)もこの勢いで突っ走ってくれそう!
ゼッタイ見逃せない「GOH]です☆

第12話「FOX/GOD」

ジェガルを一方的に叩きのめすイルピョ。とどめの一撃を繰り出そうとするがジェガルは触手を繰り出し絡みつく。
ジェガルは借力「貪」にて取り込んだ他者の借力を次々に繰り出し、その猛威がイルピョを襲う!!
その闘いの最中、アリーナの上空に異変が起こる。空の上に出現したのは剣を携えた神と無数の眷属だった――
>引用:「GOH」公式サイトより

第12話感想

えー今回も盛りだくさん過ぎて・・・
なかなか思考がついてゆきません。

最終回近いから?
脚本ちょっと詰め込み過ぎなんじゃなーい!?
・・・原作もこんなカンジなのかな?

まあ、この勢いで一気に進んでゆくので
ある意味「中だるみ」しなくてイイかも。

冒頭にジェガルの幼少のエピソードを持ってきて・・・彼の哀しい半生に触れていましたが。

それを差し引いても・・・この残忍ぶりは許せません。
何よりも推しのイルピョを~!!←結局そこかw

結局彼は母のような「負け犬」になりたくなかった。
(母が彼を手放した経緯がよくわからないのですが…)

勝者こそがすべて。神をも凌駕する力を貪欲に欲した。
・・・彼の借力が「貪(むさぼる)」というのは、また皮肉なことですよね。
その力によって取り込んだ他者の能力を使って闘ってゆく。

ノックスのサン・マンダグも・・・今ひとつ神に何を求めているのか?が分かりづらい;

パク・ムジン曰く「ホコリも残らないように世界からすべてが消えてしまう」後の世界?

次の最終回で、いろいろなピースが組み合わさるのか?
広げた大風呂敷の畳み方に期待しますよ~☆

第12話の推しポイント

  • デイとミラのそれぞれの借力発動!
  • 自分の力として・・・2人とも使い始めてましたね!
    特にデイは「秘密にしておいた」とか~なんでやw

  • 萌え耳イルピョがケモノ化!?
  • ジェガル・テクに「おまえも同じ」と言われてましたが。
    「んなワケあるかー!一緒にすんなや!!」と思わず叫んでしまいました。

  • 孫の仇をとった錬金術爺さん
  • 人型の黒い神がハガレンそのものだな~と思っていたら。
    とうとう本物の?錬金術師まで登場…でも格好はシルクハットのマジシャン?

第13話「GOD/GOD」

アリーナ上空に出現した神は「THE SIX」のジェサンの魔術で撃墜される。

大空洞に落ちたモリたちは鍵を取り込み神となったジェガルと対峙していた。
モリ・デイ・ミラの3人で立ち向かうが攻撃は全く通じず、ジェガルの猛攻からモリたちを庇いデイは深手を負ってしまう。
その絶望的な光景と共に、今までモリの脳裏の奥底に秘められていた記憶が蘇る――
>引用:「GOH」公式サイトより

まとめ

今回は『THE GOD OF HIGH SCHOOL(ゴッド・オブ・ハイスクール)』の見逃し配信動画を見れるサイトと各話感想をご案内しました。

世界的に大人気のGOHの放映、嬉しいかぎりですね!

コロナ関係で一時止まっていたアニメ業界が動き出し、私達ファンもまた素晴らしい作品に出会えることができます!

この話題の2020夏アニメ『THE GOD OF HIGH SCHOOL』も、めいっぱい!応援してゆきましょう☆
 
 

↓  ↓  ↓
\「無料おためし」登録はコチラ/

U-NEXTで今すぐ「GOH」を観る

「無料お試し」期間中に解約すれば料金は一切かかりません