こんにちは!Pino@Pinocan4です^^
アートやファッションでも使われるavant-garde(アバンギャルド)
でも・・・なんとなく、イメージしづらい言葉ですよね?

今回はその「アバンギャルド」について調べてみました!
早速、謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意味を見てゆきましょう~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!

Pino
だから!アナタ、だれ!?

アバンギャルドとは?

アバンギャルド(英語:avant-garde )
〔軍隊用語で、前衛部隊の意〕
① 第一次大戦前後にヨーロッパに起こった芸術上の革新運動。主に抽象主義とシュールレアリスムをさす。前衛派。
② 特定の流派に限らず、表現・手法・芸術観の急激な変革を求める芸術精神。前衛芸術。
③ 革新的な芸術活動を行う人。前衛。

avant-gardeアバンギャルドは、元々フランス語の軍事用語で[前衛部隊]が語原の言葉です。

 
現代日本社会で主に使われている「アバンギャルド」は、

  • 「 第一次世界大戦頃から、ヨーロッパで起こった芸術運動」
  • 「特定の主義,流派ではなく,時代の先端に立つ革新的な芸術傾向の総称」
  • 「 革新的な芸術活動を行う人。前衛」

などの意味になります。

アバンギャルドの起源と変遷

  • フランス語の「前衛 (vanguard:古フランス語で”前の守り”)」が語原の軍事用語。
  • 「前線を守る少数精鋭部隊のこと」 

            ↓

  • 転じて政治用語となる。
  • ⇒「大衆の自然発生的反抗を、目的意識を持つ革命運動へと導く指導部、もしくは革命政党の意

            ↓

  • 派生して芸術運動用語となる。
  • 「古い習慣や社会通念を打ち破り、新しい表現を切り開こうとする芸術上の試み。革新」

これらの変遷を経て、現代では
「アバンギャルド」「前衛芸術(前衛芸術)」のことを指します。

様々な分野のアバンギャルド

前衛美術(Avant-garde Art)

19世紀末から20世紀にかけて発生した美術上の革命。
それまでの、国家権力や王侯貴族の注文によるものではなく、芸術家自身の「思考」や「世界観」を作品に投影することのできる、「独自の自由な創作」に挑戦するもので、フランス人画家ギュスターヴ・クールベが起源とされています。

アバンギャルド(前衛美術)の代表的な美術家
パブロ・ピカソ,アンリ・マティス,マルセル・デュシャン,サルバトール・ダリ,ワシリー・カンディンスキー,アンディ・ウォーホル,岡本太郎,草間彌生など。

前衛音楽(Avant-garde Music)

20世紀の音楽の分野における「前衛への試み」は、クラシック音楽のみならず、ジャズやロック、ヘヴィメタルの各ジャンルからもアプローチされています。

50,60年代には新技法としての電子音楽を取り入れることが流行した時期がありましたが、70年代以降、音楽のシーンにおいてこの「前衛」が使われることは少なくなりました。

今でも「新技法」「新音楽」「実験音楽」という意味で使われることもあります。

前衛演劇(アングラ演劇)

60年代中期から70年代にかけて日本で活発に起きた前衛的な舞台表現(主に演劇)のことで、「アングラ」はアンダーグラウンドの略語です。

昔の「見世物小屋的要素」を取り込み、それまでの近代演劇が低俗として退けた土俗的で大がかりな仕掛けを取り入れた独特の世界を作り上げました。

▶代表的な前衛演劇の劇団
寺山修司の「天井桟敷」、唐十郎の「状況劇場」、鈴木忠志・別役実の「早稲田小劇場」、東由多加の「東京キッドブラザーズ」、串田和美の「自由劇場」、佐藤信の「黒色テント六八/七一」、蜷川幸雄の「現代人劇場」、太田省吾の「転形劇場」など。

>引用参考:Wikipediaより

この他にも「前衛文学」「前衛映画」「前衛舞踏」「前衛生け花」の他、ファッションなど、様々な分野において使われることがあります。

Pino
なるほどね~まあ、とにかく「何か新しいこと、斬新なこと」の要素が入ると「前衛的」ってこと!?

シャルル
相変わらず乱暴な引きだな。語源が示すように「今までの形をを打ち破るような革新的な挑戦」が必要だということだ。

アバンギャルドとコンテンポラリーアートの違い

アバンギャルド(前衛美術)とコンテンポラリー(現代美術)は、よく比較されるこがありますが、このふたつの違いは何でしょう?

contemporary(コンテンポラリー:現代)

「同時代の、その当時の、(…と)同時代で、当今の、現代の」

この意味通り、コンテンポラリーには「(現代という)時代を指す」意味で、その時代を形容するものではありません。
しかしながら、美術の分野における「現代美術」には画家や作品の傾向も含まれる傾向があります。

では、コンテンポラリーアート(現代美術)と混同されがちなモダンアート(近代美術)と一緒にみてゆきましょう。

  • モダンアート(modern art : 近代美術)
  • 「主として20世紀になってから第二次大戦前までに生まれたシュールレアリスム・抽象主義など新傾向の美術

  • コンテンポラリーアート(contemporary art : 現代美術)
  • 「広義では20世紀の美術、と呼ばれる場合もあるが、主に第二次世界大戦後のニュー・ペインティング(新表現主義)やアンフォルメル(未定形なもの、激しい抽象画を意味する)などの新しい傾向が続いている美術

  • アバンギャルド(avant-garde : 前衛美術)
  • 「既存のものに挑戦し、打ち破る」ような革新的な変化を求める美術。

 

Pino
「モダンアート」と「コンテンポラリーアート」は、結局のところ「第二次世界大戦」が区切りとして分けられているジャンルなんだよね?

シャルル
ずっと20世紀の課題だった区分け方だか、近年はその区切りで定着しているようだな。

Pino
「モダンアート」は明治以降の絵画やデザインが含まれてくるから、懐古主義やレトロモダンなイメージだな~

シャルル
モダンアートもコンテンポラリーアートも、作品傾向での区別はしづらいな。

Pino
それに比べて「アバンギャルド」は「斬新で革新的」という明確なコンセプトがあるから、比較的区別しやすいよね!

シャルル
「今までの古い習慣や決まり事を打ち破る」だけあって、近代・現代を越えて近未来へと繋がる、面白い分野だな。

まとめ

アバンギャルドの意味は?

アバンギャルド(英語:avant-garde )
〔軍隊用語で、前衛部隊の意〕
① 第一次大戦前後にヨーロッパに起こった芸術上の革新運動。主に抽象主義とシュールレアリスムをさす。前衛派。
② 特定の流派に限らず、表現・手法・芸術観の急激な変革を求める芸術精神。前衛芸術。
③ 革新的な芸術活動を行う人。前衛。

様々な分野のアバンギャルド

前衛美術(Avant-garde Art)

19世紀末から20世紀にかけて発生した美術上の革命。
芸術家自身の「思考」や「世界観」を作品に投影することのできる「独自の自由な創作」を目指した。

前衛音楽(Avant-garde Music)

20世紀に入り、音楽の分野における「新技法」「実験音楽」への試み。

前衛演劇(アングラ演劇)

1960年代中期から70年代にかけて日本で活発に起きた前衛的な舞台表現(主に演劇)

アバンギャルドとコンテンポラリーアートの違い

  • モダンアート(modern art : 近代美術)とは?
  • ⇒「主として20世紀になってから第二次大戦前までに生まれたシュールレアリスム・抽象主義など新傾向の美術

  • コンテンポラリーアート(contemporary art : 現代美術)
  • ⇒「広義では20世紀の美術、と呼ばれる場合もあるが、主に第二次世界大戦後のニュー・ペインティング(新表現主義)やアンフォルメル(未定形なもの、激しい抽象画を意味する)などの新しい傾向が続いている美術

  • アバンギャルド(avant-garde : 前衛美術)
  • 「既存のものに挑戦し、打ち破る」ような革新的な変化を求める美術。

 

いかがでしたか?
とにかく美術の分野ではジャンルなどが区別しづらい傾向がありますが、
この「アバンギャルド」、は「斬新な」「革新的な」という意味で覚えておくと良いですね!

 
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆