こんにちは!
麺類は、太くても細くても大好き~Pinoです^^
考えた人にノーベル賞あげたいw

さてさて、今回のお題は「アンチテーゼ」です。
難しい印象のある哲学用語ですが、意味はご存知ですか?

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意味を見てゆきましょう~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

アンチテーゼとは?

 

アンチテーゼ (英語:antithese)
① 〘哲〙 「反定立はんていりつ」に同じ。 → 正反合
② ある理論・主張を否定するために提出される反対の理論・主張。

ドイツ語が語源であるantithese(アンチテーゼ)は英語においても「最初の命題の反対の命題で、直接的に対照をなすもの」という意味になります。

・・・まるで謎々のようですね(笑)

辞書中の①の「反定立」についても、みてゆきましょう。

反定立 (はん-ていりつ)
あることを肯定的に主張する定立に対して、それを否定する主張。ヘーゲルの弁証法では、その三契機の一つ。論理が出発する最初の命題または状態(定立)を否定する段階。反立。アンチテーゼ。

こちらの方がまだ・・・分かりやすい気がします^^

ヘーゲルの弁証法とは?

 
ヘーゲルの弁証法には3つの契機があります。
these [テーゼ]=定立(肯定的な主張を立てること)
最初の命題(文章等であらわされる主張)。定立。

antithese[アンチテーゼ]=反定立(定立に対して否定する主張)
ある肯定的な主張・命題に対立する主張・命題のこと。反対命題。反立。反定立。

synthesis(ジンテーゼ)統合
テーゼ(定立)とアンチテーゼ(反定立)の次元からもう一段上の階層において、両方の主張を統一し、矛盾を解決すること。総合。統合。合。

ヘーゲルの弁証法とは、これらの3つの契機「定立(正)、反定立(反)、統合(合)」を使い、事柄の矛盾を解決に導く問答法のことを指します。
 

Pino
いや~なんだか最初は頭がこんがらかちゃったけど・・・つまり、「天国」と「地獄」みたいなものだよね?

シャルル
いきなり、飛躍しているが~考え方は間違っていない。ただ、哲学的に言うと「テーゼ(定立)=文章であらわした肯定的な主張」アンチテーゼは「その主張に対する反対の主張」という意味だ。

Pino
なるほど。「概念」というよりは「主張=考え方」という感じなんだね!

シャルル
・・・・・・ララァは賢いな。

Pino
?・・・それ、誰!?

 

アンチテーゼの使い方と使用例

例) 本作品のテーマは現代社会の性差別に対する監督のアンチテーゼです。

このアンチテーゼ「(現代社会の性差別に対する)反対の主張」のことです。

例) テーゼの無いアンチテーゼは存在しない。

この例題の通り、アンチテーゼテーゼ「肯定的な主張」があることが前提で、そのテーゼを認めつつも、アンチテーゼ「反対の主張」を提示するものです。

まとめ

アンチテーゼの意味は?

① 〘哲〙 「反定立はんていりつ」に同じ。 → 正反合
② ある理論・主張を否定するために提出される反対の理論・主張。

ヘーゲルの弁証法とは?

 
these [テーゼ]=定立(肯定的な主張を立てること)
最初の命題(文章等であらわされる主張)。定立。
antithese[アンチテーゼ]=反定立(定立に対して否定する主張)
ある肯定的な主張・命題に対立する主張・命題のこと。反対命題。反立。反定立。
synthesis(ジンテーゼ)統合
テーゼ(定立)とアンチテーゼ(反定立)の次元からもう一段上の階層において、両方の主張を統一し、矛盾を解決すること。総合。統合。合。
 
 

いかがでしたでしょうか?
「テーゼ」前提の「アンチテーゼ」は「反対主張、理論」と覚えておくと分かりやすいかもしれませんね!

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す