こんにちは!
【バナナのDNAと人間のDNAは50%が一緒】という事実にビックリ!のPino(ピノ)です。だから息子はバナナ好きなんかな…?

さて、今回のお題は「ガバナンス」です。
ちょっとお堅い響きのあるこのワード、私的には「聞いたことはあるけれど~?」な言葉でした;
早速、意味や正しい使い方をチェックしてゆきましょう!

今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に、みてゆきますよ~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

ガバナンスの意味は?

 

ガバナンス (governance:英語)
語源:古代ギリシア語(kubernan)⇒ラテン語(gubernare[船を操舵する]) ←government(政府)と語源は同じ
統治。支配。管理。また、そのための機構や方法。

英語からきているガバナンスは「統治・支配・管理」という意味です。
わかりやすく述べると「ある組織をまとめるための方針やルールを定め、それらを組織内の人々によく理解させ、実行させること」ということです。
 

Pino
なんだか堅い言葉がでてきたわ~「統治」「支配」って・・・中世の王様の時代?

シャルル
何も「権力者=王」が「国」を治めることだけに使う言葉ではない。現代におけるコーポレートガバナンスという概念では「利害関係者=株主」が不正がないかどうか「企業」を管理・監視している意味で使われている。

Pino
へー!コーポレートガバナンスって、社長が社員を統治、管理している・・・って使い方じゃないんだね!うっかり間違うとこだったよ;

シャルル
認めたくないものだな、若さゆえの・・・

Pino
いや、若くないから!!!

ガバナンスの使い方と使用例をみてみよう!

例) 今期の我が社の目標は、ガバナンスの強化です。

この場合のガバナンスとは「組織の方針をすべての社員に理解させ、実行させる」ことです。

「ガバナンスの改善」「ガバナンスの向上」「ガバナンス体制」などもよく使われます。

例) 上場企業にとってコーポレートガバナンスは必須です。

コーポレートガバナンスとは「企業統治」のことで「利害関係者(=株主)が、企業の経営を監視すること」を指します。

これは1960年代アメリカにて、企業の非倫理的な実態(黒人雇用差別等)が問題になったことが背景に誕生した概念です。
日本では1990年代のバブル崩壊で倒産する企業が相次ぎ、経営健全化の手段として注目され始めました。2000年代に入って企業の不祥事問題への防止策として取り上げられ、2015年には上場企業に対して企業統括指針(コーポレートガバナンス・コード)が適用され、社外取締役を2人以上専任する等、呼び掛けています。

例) インターネット業界におけるITガバナンスは最優先事項です。

ITガバナンスとは「情報管理体制を堅固に構築するための企業統治」を意味します。

近年、個人情報の漏えい問題等をうけて、インターネット社会における「企業のIT活用」は管理・監査される必要があるとの認識が広がっています。ITガバナンスを設けることによって、顧客の個人情報の保持・保管、不正利用の防止、セキュリティ対策などに積極的に取り組み、投資家やユーザーからの評価を上げることが可能となります。

例) グローバルガバナンス

グローバルガバナンスとは「市民、NGO、自治体、多国籍企業、政府、国際機構などが、対立・相違する利益や意見を調整しつつ、重層的なネットワークを組織化し、人類共通の問題に取り組む過程や構想、そこから生まれる制度など」を指します。(引用:知恵蔵より)

集権的な世界政府ではなく、多様な主体が関与することにより、低下しつつある国家の問題解決能力を補うことを目的とし、「多元的な価値や文化が共生する世界を目指す」という概念です。

ガバナンスとコンプライアンスの違いは?

ガバナンスと一緒に使われることの多いコンプライアンス、類語なのでしょうか?早速、意味をみてゆきましょう。

コンプライアンス(compliance:英語)

法令遵守。社会規範に反することなく、公正・公平に業務遂行すること。

ガバナンスとコンプライアンスの意味を比べてみましょう。↓

ガバナンス ⇒ ある組織をまとめるための方針やルールを定め、それらを組織内の人々によく理解させ、実行させること
コンプライアンス ⇒ 社会規範に反することなく、公正・公平に業務遂行すること

ガバナンスは「方針や規則を定め、組織内の人々に法令遵守(=コンプライアンス)を促す」ということになり、ガバナンスの中にコンプライアンスが含まれるイメージですね!
 

まとめ

ガバナンスの意味は?

統治。支配。管理。また、そのための機構や方法。

ガバナンスの使い方・使用例は?

ガバナンスの強化「組織の方針をすべての社員に理解させ、実行させる」ことの強化
コーポレートガバナンス ⇒「企業統治」= 利害関係者(=株主)が、企業の経営を監視すること
ITガバナンス情報管理体制を堅固に構築するための企業統治
グローバルガバナンス市民、NGO、自治体、多国籍企業、政府、国際機構などが、対立・相違する利益や意見を調整しつつ、重層的なネットワークを組織化し、人類共通の問題に取り組む過程や構想等。

ガバナンスとコンプライアンスの違いは?

ガバナンス ⇒ ある組織をまとめるための方針やルールを定め、それらを組織内の人々によく理解させ、実行させること
コンプライアンス ⇒ 社会規範に反することなく、公正・公平に業務遂行すること
 
 

いかがでしたか?
「ガバナンス」一見、難しそうなワードですが「統治・管理」などの意味で覚えておくとよいですね!
今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪
 

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す