こんにちは!
ドラえもんはロボットだけど~あんなに「どら焼き」食べても大丈夫なのかな?と心配なPinoです^^

さてさて、今回のお題は「カタストロフィ」です。
…なにやら世紀末的な響きがいたしますが~?ちょっと自信ないな;

さて、今日も謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意味を見てゆきましょう~

シャルル
失礼な紹介だな……私を誰だと思っている!
Pino
だから!アナタ、だれ!?

カタストロフィとは?

 

カタストロフィ (英語:catastrophe )
《「カタストロフ/カタストロフィー」とも》
1 突然の大変動。大きな破滅。
2 劇や小説などの悲劇的な結末。破局。
3 演劇で、大詰め。

日本社会において使われる「カタストロフィ」は、

①突然の大地震や大洪水、大火災などの破滅的な大災害・大惨事のこと。
②演劇や映画、小説等の物語における悲劇的な結末。破局。
③演劇の劇構成上の最終部分。大詰め。

を、意味します。
 

対して、英語のcatastrophe(カタストロフィ)は、ギリシャ語のcatastrophic [転覆]やkatastroph [倒す] が語源とされる言葉で

①(突然の)大惨事、大災害、(地殻などの)突然の大変動
②大きな不幸、大失敗、破滅、破局、
③(悲劇などの)大詰め、結末、

の意味があります。

この英語におけるカタストロフィ=大災害の解釈として、「巨大な損害をもたらす個別の現象」もしくは「個別の小損害が同時多発ないしは連動して逐次的に発生してゆく現象」との説明があります。
(英和生命保険用語より)

災害の規模は、左へゆく程、規模が大きくなります。

catastrophe(カタストロフィ)disaster(ディザスター)accident(アクシデント)damage(ダメージ)

主な意味は同じですが、ひとつ日本とは違う「カタストロフィの使われ方」として

②の「大きな不幸、大失敗、破滅、破局」は、個人の大きな不幸、例えば「肉親との死別」や「恋人との破局」「対人関係の破滅へ繋がるような悲劇」などの、心理的に多大なるショックを受ける出来事に使われます。

例)Their love affair started well but soon became a catastrophe.
   二人の恋愛は初めは良かったが、やがて悲劇となった。
 

Pino
おお、やっぱり~世紀末的なワードなんだわ~

シャルル
語源のギリシャ語の「転覆」や「倒す」という意味のとおり、「土台ごとひっくりかえる」ような出来事、大惨事、をあらわすようになったのだな。

Pino
そんなワード、あんまりニュースでも聞きたくないわー

カタストロフィの使い方と使用例

例) 先の東日本大震災は戦後最悪のカタストロフィとなった。

このカタストロフィ「大災害、大惨事」の意味です。

例)私はラストがバッドエンドのカタストロフィ映画は苦手なのです。

このカタストロフィ「悲劇的な結末。破局」の意味です。

バッドエンドとは?⇒”Bad end”の通り、「不幸な、最悪な結末」のこと。

Pino
感情移入していた主人公達が「悲劇的な結末」へ向かうのって・・・ツライよね;

例)劇のラストは全て伏線が繋がり、見事なカタストロフィを迎えた。

演劇の分野においてカタストロフィは単純に「大詰め」もしくは「大団円」の意味で使われることもあります。

通常は「大災害・大惨事」や「悲劇的な結末」というネガティブな言葉ですので、この場合は前後の文章を理解して、訳す必要がありますね!

カタストロフィー理論

カタストロフィー理論とは「連続する事象から突発的に、不連続な事象が起こる過程を数学的に捉えようとする学問」のことです。

1960年代にフランスの数学者Rene Thom氏が提唱し、あらゆる分野において、崩壊が起こるプロセスなども研究の対象になりました。

カタストロフィの類語

「カタストロフィ」の意味と似ている言葉に「クライマックス」があります。早速、意味をみてゆきましょう。

クライマックス(英語:climax 語源:ギリシャ語 klimax[はしご])

緊張や興奮が最も高まった状態。
映画・演劇などで、最も盛り上がった場面。最高潮。

カタストロフィ⇒演劇や映画、小説等の物語における悲劇的な結末。破局。
クライマックス⇒映画・演劇などで、最も盛り上がった場面。最高潮。

 

Pino
カタストロフィが「悲劇的な結末」を指すのに対し、クライマックスは「最も盛り上がった場面」のことをいうんだね!

シャルル
要するに、ラストにこだわらず~本編中でいちばん盛り上がったシーンということだな。

まとめ

《「カタストロフ」とも》
1 突然の大変動。大きな破滅。
2 劇や小説などの悲劇的な結末。破局。
3 演劇で、大詰め。

カタストロフィの使い方や使用例

戦後最悪のカタストロフィ「大災害、大惨事」
カタストロフィ映画「悲劇的な結末。破局」
カタストロフィを迎える「大詰め」「大団円」
カタストロフィー理論映画「連続する事象から突発的に、不連続な事象が起こる過程を数学的に捉えようとする学問」

カタストロフィの類語

クライマックス映画・演劇などで、最も盛り上がった場面。最高潮。

 
 

いかがでしたでしょうか?
「カタストロフィ」、まさに世紀末ワードでしたね~><
あまりニュースなどでお目にかかりたくないものです…
 

今回の記事も、皆様のお役に立てましたら…嬉しいです♪

もし、「こんな言葉を調べて欲しい」「〇〇と△△の違いを解説して欲しい」などのリクエスト
または・・・赤いシャルルにこんなセリフを言って欲しい!というコアな要望がありましたら(笑
遠慮なく、↓下のコメント欄に書き込んでくださいね~☆

↓この記事も読まれています↓

コメントを残す